No.200の記事

新潟のイタリアンを練馬のコンビニで発見

その昔小さかった頃、母とともにスーパーに買物に行くと、店内の「みかづき」というお店(公式サイト)で「イタリアン」というものを食べていました。このイタリアンというのはナニかと申しますと、かなり太目の焼きそばにトマトケチャップがかけてあるという、文章にするととても美味しいとは思えないファーストフードです。引っ越したりしてその後中学生くらいからは食べる機会もなくなったんですが、このイタリアンを近所のコンビニで見かけてしまいました。

というのも最近テレビでこのイタリアンが取り上げられたらしく、先日も同期のドクターから「新潟人ならイタリアン食べた事あるんでしょ?」と聞かれる始末。コンビニの企画商品としてこのイタリアンに呼び声がかかったようです。帰省したときにイタリアンを食べる機会も少ないので、近所のコンビニでそのイタリアンを買ってきて食べてみました。

イタリアンの外装イタリアンラベル
ちなみに新潟で食べた時は、白い発泡スチロールの蓋つきの容器に入っておりお持ち帰りも可能だったんですが、コンビニの製品はそこまで再現されてはおらず、普通のパスタ風の容器に入っていました。しかし中身はどう見ても焼きそばです。レンジで加熱して蓋を開けてみると…、香りはまさにあのイタリアン!。記憶の中のそれよりは麺が結構細いですが、もやしが結構入っている点など再現性は高そうです。一口食べてみると、ああ懐かしい。あのイタリアンのジャンクな味わいでした。そして焼きそば+トマトケチャップ、結構合うななどと思ってしまいました。
イタリアン開封

ほとんど炭水化物でできている超メタボ食のため、肥満を恐れる30歳としてはおいそれと食べることはできませんが、かなり楽しめました。そして実家に帰ったとき、本物を食べてみたくなりましたね。