No.209の記事

タコライス専門店ハモニカクイナ

最近吉祥寺のハモニカ横丁をうろうろする事が多く、気になって仕方がないお店が幾つかあります。そのうちの一つ、タコライス専門のハモニカクイナというお店にいってきたので早速レポートを書いていました。

ハモニカクイナ外観
相変わらず場所の説明は難しいハモニカ横丁ですが、麺屋武蔵やレモンドロップの方から入っていくと、ちょっと開けたところにカラフルなトタン造りのお店があります。路地に面した扉は実は出口専用で、お店の左にあるさらに小さな路地に入って行くと右手にレジに直結する入り口があります。そこで先に注文と会計を済ませ、それから席に着くわけです。お店の中はとても狭く、木製のテーブル席が4個くらいしかないです。

タコライス
メニューはタコライスにドリンクがついたセットプレートのみで、約800円〜1100円くらいで数種類のタコライスを選べます。大盛りも選べますが、タコライスは普通盛りでもかなり量が多く、自分達の場合小盛りで十分でした。注文するとほとんど待たずにタコライスが出てきました。タコライス自体にハズレがないといえばそれまでですが、味は結構良かったです。また店内のメニューを見ると、季節ごとに企画商品(例えば月見タコライスみたいなもの)をやっているようで、なかなかリピート欲をかきたてられました。

ただし残念なポイントも幾つか有り、お店の入り口が分かりにくい事や、レジで並んでしまうと次のお客さんは外で待たなきゃいけない事、テーブルが結構ベタベタしていた事なんかはマイナスでした。狭さはハモニカ横丁という立地上仕方ないと思えますが、テーブルの清潔感なんかはもう少しがんばって欲しいと思いました。どちらかというと、ゆったり疲れを取るよりも、ランチをガツンと食べたい時なんかに使えると思いました。