No.223の記事

リセット後に無反応になったのでLifedriveも三枚おろしに…

TungstenCのハードキーがきかなくなる症状が徐々に進行し、最近はEnterキーやFunctionキーも無反応になる事があり日本語入力に支障をきたしてきました。そこで一発奮起してLifedriveをメインにして、TungstenCを良品交換に出す事にしました。Webで検索したところ購入後1年を経過していれば13700円の有償交換になるとの事、早速PalmJapanのサイトから故障内容を掲載したメールを出してみました。すると翌日には有償交換をするので製品のシリアルナンバーなどと共にクレジットカードの番号を教えて欲しいとのメールが着ました。本当は平文メールにクレジットカードの番号なんか載せたくないんですが、背に腹は変えられません。速攻返事を出しました。すると2日後には故障製品の郵送先の住所を記載したメールが着ました。これでやっと環境移行ができる。

ところがです。Lifedriveをハードリセット後にTungstenCのバックアップ内容をHotsync経由でそのままLifedriveにリストアし、ソフトリセットを促されたので言われたとおりにやってみると、起動画面のままで固まってしまったんですね。いつまで経ってもPalmのロゴが出たまんまなんですよ。業を煮やしてもう一度ソフトリセットしたのが運の尽きでした。そのごスイッチを入れてもリセットホールにピンを突っ込んでみても完全無反応になってしまいました。充電をするとLEDが点灯するので通電はしているようなんですが、全く無反応です。仕方ないのでまたWebの情報を参考に三枚おろしにしてマイクロドライブやバッテリをはずしてしばらく置いてから再接続してみたりしましたが、全く反応なしです。

えーとこれはつまりLifedriveを先に良品交換にしないと代替機がない状態と言うわけですね…。