No.246の記事

辛ラーメンを食す

妻のいない当直明けのお昼ご飯、買物をするのも面倒なので食材をごそごそあさっていると、「辛ラーメン」のパッケージを発見。かなり辛いらしいという触れ込みで買っておいて食べるチャンスを逸していたので、家にある余った素材とともに調理することにしました。ちなみに公式サイトがちゃんとあります。
辛ラーメンパッケージ辛ラーメン開封した中身

ラーメンそのものは典型的な袋ラーメンで、乾麺に粉スープ、フリーズドライの具が入っているという感じです。作り方も沸騰した鍋に袋の中身を全部空けて5分煮れば全工程終了という、まさにインスタント。なんだか久しぶりです。流石に何も具が入っていないと寂しいので、冷蔵庫にあったキャベツ、しいたけ、玉ねぎを先に煮ておきそれが沸騰したらそのままラーメンとスープを入れて煮込むことにしました。
辛ラーメンを作った材料辛ラーメン完成

煮込むこと5分、辛ラーメンは完成しました。見た目は赤くなく一見辛そうではないです。食べてみると、やっぱりたいして辛くないかも…う!辛い!!という感じの後から来る辛さでした。某中本の北極ラーメンのように異常に辛いという事はなく、味もなかなかで韓国でシェア第1位は伊達じゃないと思いました。あとなぜか量がとても多いです。袋ラーメンというと以前はマルタイの棒ラーメンというのが安くてお気に入りでしたが、新しい袋麺を開拓するのも悪くないと思った休日の午後でした。