No.255の記事

自由が丘でモンサンクレールを食べてみたり

とある晴れた休日に生まれて初めて自由が丘という場所に行ってきました。お目当ては最近メディアに露出の多い辻口氏のお店であるモンサンクレール(公式サイト)でスイーツを食べる事です。

モンサンクレール入り口
自由が丘駅近くの駐車場に車を止めて徒歩で北上する事10分くらいでお店は見えてきます。有名店だけあって既にかなり並んでました。ケーキを選んでカフェできるということなので、店員さんに並ぶことを告げて待つこと小一時間、その間食べたいケーキを店頭で選んだりメニューを眺めていましたがさすがに疲れ果ててしまいました。ちなみにケーキ買うだけなら並んでも5分ぐらいで買えそうでしたけどね。

モンサンクレールのケーキ
しかしです。待った甲斐あってケーキは絶品でした。妻と二人でモンサンクレール、紅玉のシブースト、プレシャスエパッションの3つを食べたんですが、どれも感動的に美味しかったです。まずモンサンクレールというケーキは、クリームの塊の周囲をナッツで囲みクリーム内にはリキュールをしみ込ませたスポンジが入っていました。クリームとナッツの外層を食べたときはちょっと凡庸な感じがしましたが、スポンジを一緒に食べるとこのお菓子が狙っている美味しさが分かりました。他、紅玉のシブーストは紅玉の酸っぱさとシブーストクリームがそれぞれ一線級の味わいなのにバランスが取れてましたし、もう一つのプレシャスエパッションも濃厚なショコラ味とパッションクリームの対比がとても美味しかったです。
味の方向性としては、使っている素材がどれも濃厚に美味しく、かつバランスというか味の対比重視という印象でした。それがわれわれ夫婦のツボで、多くの人が並ぶのも納得できました。

ついでに言うと出してもらったお茶がまたかなり個性的なフレーバーティーで、ケーキの美味しさと相まって幸せな時間を過ごすことができました。ただ混み具合から考えると、ケーキとフレーバーティーを買って持って帰るのが正解だと思いましたけどね。
ちゅう事で、今度は同じ辻口氏のお店のコンフィチュールアッシュロール屋にも行ってみたいです。元々甘味系の食べ歩きはあんまりしていなかったので、目覚めてみてもいい頃なのかもしれません。