No.258の記事

帰って来たW44TとE03CAとauフルサポートコースの関係

随分前にW44Tを水没させて近所のauショップで修理をお願いした事があったんですが、結局水没しているので事実上完全交換となってしまいかした。今更ながらバックアップとっておけば良かったなどと後悔してみましたが既に後の祭です。
幸いMySyncというCASIO製の携帯電話メモリ編集アプリを持っていたので、PalmDesktopのアドレス帳をCSVで出力し加工してW44Tに流し込みました。携帯電話の形式にあわせるため、名前と姓をエクセルの関数で合体させ、読みがなも平仮名から半角カナへ変換し、あとは項目名をMySyncに合せれば導入できました。ただしPalmDesktopでは電話番号やメールアドレスが固定された列に入れていなかったため若干移行できない所もありました。着うたなどは再びダウンロードし直しになるし再セットアップに数時間を要しました。

au2008年春モデル
そうこうしている間にauの春モデルの発表がありました。どうも今後買い替え時にはフルサポートコースかシンプルプランを選ばなくならないようなんですね。しばらくauを使う予定なのでフルサポートコースを考えているんですが、端末買い替え時に21000円割引があるそうで、そうすると高嶺の花だったE03CAも安く手に入るんじゃないかと気が付きました。今までは新規契約でさえ45000円などというイカレタ金額が必要だったわけですが、それが半額になるかもしれないわけです。
ただ春モデルとして発表されたサイバーショット携帯W61Sも、防水や耐衝撃性がないもののbluetooth搭載で大画面、500万画素カメラ(オートフォーカスと光学ズーム付)で良いかなという気もしてきて、悩ましいわけです。だいたいW44Tは動作モッサリでデジカメは画素のわりに絵が悪いですし、そんなこと考えていると新しい携帯欲しくなってきました。

…てか修理された端末を大事に使いなさいって気もしますけどね。