No.259の記事

VICKSドロップのメンテナンスをする

VICKSドロップ
約2年ほど前に購入したVICKSの加湿器なんですが、最近塩の量を増やしても吹き出す蒸気が減少してきているのでそろそろメンテナンスの必要性を感じてきていました。蒸気を発生するヘッド部の蒸気排出口にだいぶ水垢がこびりついてきたのでざっと洗ってみましたがまったく改善はなく、どうも内部の問題のようです。
以前の知識では、ヘッド部に内蔵されている電極の炭素棒を交換すると良いような話だったと思うんですが、日本の代理店や楽天市場などを探してみても交換用のヘッドは扱っていますが、炭素棒を扱っているところはありません。いろいろ検索した結果、どうやら交換用炭素棒の販売は中止されているようでした。ヘッドの交換自体に2000円近くかかるので、本体価格(5000円程度)を考慮するとおいそれと交換する気にはなれず、結局現行の炭素棒を洗ってみてはどうかという結論に至りました。

VICKSドロップのヘッド部分電極露出
これまたWebの情報を参考にまずヘッド部を分解することにしました。ヘッド蒸気吹出口の両隣に2個所ネジ穴があるのでそこからネジを外し、青いカバーを外します。すると白いプラスチック部分に到達できるので、そいつを上に引っ張って黒い部分からガバっと外すと電極棒が登場します。
電極棒を眺めると厚さ3mmくらいの石みたいな物が周囲を覆っているようです。最初は歯ブラシなんかで剥がそうとしましたが全く歯が立たず、仕方がないのでひび割れから爪を入れて丁寧に剥がして行く事30分でおおよそを取り除く事ができました。一応温ま湯に浸けると剥がれ易いようですが、基本的には根性のいる作業です。

その後いつも通り稼働させて見ると、昔ながらの強烈な蒸気が!!、大変満足しました。ただタンク内の水が減ってくるとやはり蒸気の吹き出しが悪くなるので、電極棒の下の方は完全に除去できていないようです。やはり完全除去は難しい…。