No.264の記事

風の歌を聴け

風の歌を聴けDVDジャケット
TSUTAYA DISCASを使うようになって得られたメリットの一つに、マイナー過ぎる映画をレンタルできるというのがあります。普通に店舗で借りようとすると在庫がない作品というのは当然借りられないわけで、どマイナーな作品だと在庫のあるお店を探して借りに行かないといけないわけです。まぁTSUTAYA公式サイトで自分の家の周囲の店舗の在庫を調べる機能はついているので不可能ではないですけどね。

という事でややもするとカルト映画扱いされている村上春樹の「風の歌を聴け」を借りてきました。
原作は同名の村上春樹のデビュー作品で、僕と鼠、ジェイ、小指のない女の子くらいしか出て来ない不思議なお話です。

それで見た感想。やっぱりカルト感の強い映画でした。
演じている俳優は結構有名所で、「僕」が小林薫(凄く若い!)、当たり屋に故古尾谷雅人(クレジット見てもさっぱり分かりませんでした)、そしてディスクジョッキーに阿藤海(顔が出ないけどTシャツのイラストはどう見てもそう)と三番目の女の子に室井滋(衝撃のヌードシーンあり)と濃い面々です。ちなみに僕の見た事のない主要人物は音楽関連の人みたいです(鼠とかジェイとか)。
ストーリーは小説にかなり準じており、細かい相異点はあるもののセリフに至ってはほぼ完全再現という感じです。映像は神戸の町並みにあまり馴染みはないんですが、断片的な映像の連続は小説の雰囲気を良く表現している気がしました。
ただ鼠のエピソードについては映画オリジナルの部分が多く、鼠が映画を作ったり彼女とした悪戯やその彼女との別れのくだりはあんまり好きになれませんでした。あとデレクハートフィールドに関してのくだりは映像化が難しかったせいかあまり触れられていませんでした。

同じ村上春樹の映像化作品であるトニー滝谷とは全く異なった方向性で、面白い映画でした。他の作品も映画化されれば良いのにと思ったしだいです。