No.282の記事

吉祥寺真風(まじ)はなかなかの味でした。

帰宅途中に吉祥寺でご飯を食べる事が時々あるんですが、毎度に行った事が無いお店に入るようにしているので、だいぶいろんなお店を開拓する事ができました。そのうちでも最近気に入っているラーメン屋さんを、今回は紹介します。

そのお店は真風と書いて「まじ」と読ませるラーメン屋さんで、吉祥寺駅井の頭公園口で降りて井の頭線のガード沿いに末広通りを東に歩いていくと、右手にすぐ見つかります。一応公式サイトもあります。

真風外観
お店の入り口に自動券売機があり、スープをクロ(醤油)、シロ(とんこつ)、味噌、鯛塩から選択しあとはトッピングを選ぶというようなメニュー形態です。店内は小ぎれいにされており、席はカウンターのみで椅子の前に先に箸などが並べられていました。

鯛塩ラーメン
最初は名前からして興味をそそる鯛塩ラーメンを選んでみました。上澄みは茶色の味噌のような層があるんですが、その下には濃厚な出汁の利いた白濁スープが隠れていました。予想は透明な薄味スープだったんですが、それに反してかなり濃厚な味わいでした。あとでWebで調べた感じだと、昔はそういう透明薄味スープだったようなんですが、いつの頃から今回食べたような濃厚スープに変わったみたいでした。Web上の評価では今回の濃厚タイプは賛否両論のようですが、少なくとも今回食べたスープは味も複雑で美味しいと思いました(ただ鯛らしさはあまり感じられませんでしたけどね)。また薄切りにしたチャーシュウがトッピングされており、これも美味しかったです。結構脂が多いんですが、薄切りにしてあるせいかあまりしつこさを感じず、濃厚だけど濃すぎない印象でした。

今まで入った幾つかのラーメン屋さんの中では結構気に入ったので、リピートして他の味も試してみようかと考え中です。