No.290の記事

博多一風堂は美味しい。

昔よくリピートしていた一風堂で久しぶりにラーメンを食べてきたんですが、いつもの赤丸白丸以外に面白いメニューがあったので感想でも書いてみようかと思います。

そもそも一風堂はかなり前から吉祥寺にもあり、何度も足を運んでいるラーメン屋さんです。最近は歳のせいか脂耐性が落ちてきてあまり行かなくなっていましたが、先日京王線の明大前駅にあったので久しぶりに入ってみました。
一風堂明大前の風景
自分はもともと白丸派でしたが、メニューを見てみた所見慣れない「極新味(きわみしんあじ)」というものがあるじゃないですか。お値段が1300円とかなり高いんですが、スープの中に茶碗蒸しが入っていたり、スープで食べる雑炊や途中で入れる調味料が付いてきたり、かなり色物な印象です。色物を試さずにはいられない僕の性格上、早速注文してみることにしました。注文時に「麺は標準でバリ堅ですが良いですか?」とか「替え玉するとスープと麺のバランスがとりにくくなるので先に大盛りにしますか?」とか色んな事を確認されました。色物だけにクレームが多いんでしょうか?。若干の不安を感じつつラーメンを待ちます。

食べ方を書いた紙とヌーベ極新味とは
で、感想です。まず食べ方を書いた紙が出てきますんで、それに沿って食べてみました。最初はスープと麺を普通に楽しむとの事で、スープは博多トンコツにしてはやや薄め(鳥スープが入っているようです)ですが、旨味は充分で不思議な味でした。また麺はお馴染みの硬細麺で、一風堂らしくて美味しかったですね。
で、次から色物が目白押しです。紙の指示に沿うと次は茶碗蒸しを楽しむのが良いようなので、スープを書き分けて茶碗蒸しを食べてみました。これは結構美味しかったです。この茶碗蒸しは塩気がないので、一風堂の塩辛いスープと相性は良かったですね。次にスープ雑炊です。これは小さなお椀に入った柚子胡椒つきのご飯に、スープをかけて食べるわけです。ラーメンライス定食を食べるときに猫飯にしているとも言えない事はないですが、味的にはもっと高級な感じでした。これもまぁまぁでしたね。
それである程度麺を食べ進んだところへヌーベを投入します。これは香油入りにこごりみたいなもので、ラーメン自体がさらに濃い味になります。個人的にはこれはちょっとキツかったです。まぁ歳のせいかもしれませんけどね。

結論として極新味はちょっとリピートなしですね。確かに美味しいし面白かったんですが、値段と目新しさを考えると僕は白丸で充分でした。一風堂自体は久しぶりに行ってやっぱり好きだなと再認識したので、吉祥寺店に今度行ってみようかと思っています。