No.317の記事

Atom版LOOX Uがキター

Fujitsu FMV-BIBLO LOOX U/B50N
久しぶりにモバイルガジェットに猛烈ヒキを感じる逸品を見つけました。先日発表されたFujitsuのFM-BIBLO LOOX UのAtom搭載版です。ほぼDVDジャケットと同じサイズのフットプリントで600g以下という飛びぬけた小ささに、標準で5時間くらい持つバッテリをもち、処理能力的にも最新のUMPCと同等以上というモバイラー垂涎の機種です。その他の詳しいスペックは公式サイトを参照のこと。

実は一世代前のLOOX U50X/Vにもものすごく興味をひかれたんですが、店頭でキーボードを触ってみたところあまりに変態な配列で入力に致命的な支障をきたすことが分かり、一瞬のうちに物欲が冷めてしまいました。他にもbluetoothが標準で搭載されない(アスキーコラボレーションモデルのみ搭載)、標準でバッテリのもちが悪いなど実用性の面でも問題が多く、白筐体のガンダム的なデザインはえらく気に入っていたんですが、結局買わずじまいでした。

ところがここ最近のUMPCブームもあり、また極小ノートパソコン欲に火がつき始めたんですね。ただいろんな機種が発表されはしたんですが、スペック的に中途半端で実用性が低く、結局二の足を踏んでいました。そこにLOOX Uのリニューアル版が発表されたわけです。しかもbluetooth内蔵で標準バッテリの持続時間もアップし、ついでにSSDモデルも選べるという、まさに「一世代前の問題点を全て解決」した形でです!。
でまあ発売日に吉祥寺ヨドバシの店頭でキーボードを触って来たんですが、前モデルとは雲泥でした。もちろんキーピッチは狭くて打ち易いとは到底言い難いですが、意外に不可能ではない感じでした。むしろ気になったのはWindows Vistaのもっさり感で、これは是非Xp化して使いたいですね。

ええ、もうこれは買いますよ。絶対に。今なら15%割引クーポンがつくようなので、Webで申し込みをしてみようかと思っております。