No.322の記事

遅めの夏休みはパリで過してます。

大学の医局は交代で夏休みを取るんですが、僕の場合病棟チームのメンバーの都合と自分の旅行の日程がなかなか付かず、結局最も遅い9月中旬に取る事になりました。行き先はフランスで主にパリを歩き回りに行ってきました。

エールフランスの食事機内で映画を見る
いつも通り機内食からレビューしてみると、今回はエールフランスだけあってフランス料理…ってよりは普通の洋食でした。でもワインやコニャックを頼めるのは流石です。一緒に持って行ったLifedriveはバッテリ切れで使いものになりませんでしたが、座席のモニタで「インディージョーンズ/クリスタルスカルの王国(公式サイト)」と「SweetRain死神の精度(公式サイト)」「ドラゴンキングダム(公式サイト)」が観れたので満足としましょう。

初日はパリ市内を徒歩で観光してみました。まずはホテルから凱旋門まで歩きてっぺんまで登ってパリを眺めてみました。その後シャンゼリゼ通りを下ってコンコルド広場からルーブル美術館まで行ってきましたが、ルーブル美術館の中も結構歩き回ったので夕方にはすっかり疲れ果ててしまいました。
ルーブル美術館マルチメディアガイド
ちなみにルーブル美術館では見た目からしてサイバーな「マルチメディアガイド」というのを貸し出していて、6ユーロ+パスポートと交換で入手できます。見た目はiphoneのようなボタンレスタッチパネルでイヤホンが付いてきます。トイレやカフェを含む地図の閲覧や、番号を入力しての作品解説(音声と画像)など多機能なんですが、自分がもらった個体はタッチパネルが死にかけており地図のスクロールがスムーズでないのが悲しかったです。加えて、以前イタリアで同じようなものを借りたときに比べ番号の掲載数自体が少なく、あまり活用できませんでした。

現在滞在中のプラザアテネホテル(公式サイト)には高速インターネットサービスと銘打ったサービスがあり、有線LANケーブルをパソコンにつないでWWWブラウザ経由で認証すればすぐ使えました。今回の更新はこの高速インターネットサービス経由というわけです。次回はCentroを携帯電話として使ってみた感想でも書いてみようかと思います。