No.343の記事

冬場のドライアイ対策

今年の春からコンタクトレンズを使い始めたんですが、冬になって空気が乾燥してきたせいかえらく目が乾きます。特に朝の自転車通勤時は放っておくと10分おきにコンタクトレンズが剥がれて飛んで行きそうになるので、まめに目薬をさすようになりました。その都度立ち止まるんじゃ自転車通勤のメリットも薄れてしまうので、ドライアイ対策を始めてみました。

なみだロート達
まず目薬をいろいろ買って試してみたんですが、目の周りがアトピー気味のせいもあり薬液が目から漏れてしまうと結構痒くなるんですね。そんなわけでなかなか肌に合った製品にたどり着けませんでしたが、結局ロート製薬のなみだロートという製品に落ち着きました。買い始めた頃はコンタクトレンズ非対応のものしか売っていなかったので効き目もイマイチだったんですが、最近コンタクトレンズ対応のものが発売され常用する事になりました。効き目だけなら同じロート製薬のドライエイドってのが保湿効果抜群なんですが、量の割りに値段が高く目がえらく乾く時だけ使っています。

クーパービジョンのコンタクトレンズ
あとコンタクトレンズがずれる事を購入店に相談したところ、レンズの形が目の形に合っていないからと言われました。どうも僕の目は「尖がっている」ので平たいレンズだとずれて下に落ちてしまうらしい…。なので以前使っていたワンデイアキュビューモイストをクーパービジョンのワンデーアクエアエボリューションに変更する事になりました。このクーパービジョンの製品は保湿性能がやや劣るのでちょっと嫌だななんて思っていたんですが、実際つけてみると目へのフィット感は大違いで、すっかり気に入ってしまいました。おかげで通勤中にコンタクトレンズが剥がれそうになる頻度はだいぶ減りました。

そんなわけでもう少し自転車通勤を続けられそうです。コンタクトレンズは案外手間がかかるもんなんですね。