No.344の記事

ATT出向中は自炊ができる

ATTに出向している間のメリットとして、超長時間連続勤務がない事があります。普通当直のある日は日勤→当直→翌日の日勤と途切れなく勤務が続くんですが、ATTに関して言えば少なくとも14時間以上の連続勤務はないので、辛いと言ってもタカが知れているわけです。
という事で空いた時間で久しぶりに自炊をしてみました。まず朝御飯から作り始め、日勤の朝は野菜スープや目玉焼きに牛乳とベーグルという優雅な時を過しています。準夜勤だけの日は、昼食にちょっと凝った料理を作ったりしてます。

で今回はちょっと凝った料理の一つ、ラタトイユのレシピを紹介してみようかと思います。ラタトイユというのは南欧の夏野菜煮込みで、入れる野菜にあんまり制限がないので自由にアレンジできるところがミソです。
ラタトイユの素材
素材:ナス2個、ズッキーニ1本、パプリカ2個、玉ねぎ半玉、にんにく1かけ、とり胸肉100g、トマトの水煮缶詰1個
調味料:オリーブオイル、塩、コンソメスープの素、ワイン(赤でも白でも可能)、適当なハーブ(今回はオレガノやバジルを適宜)
道具:鍋と蓋(密封性が高いもの)、おたま

    作り方
  1. ナス、ズッキーニは大きめの小口切り、玉ねぎは皮をむいて半月状に切り、とり肉は一口大に切ります。
  2. 鍋にオリーブオイルを垂らし火にかけます
  3. にんにくのl皮をむいて包丁の背で軽く潰し鍋で炒め始めます。
  4. とり肉を投入し表面にしっかり色が着くくらいまで炒めます。
  5. 玉ねぎを炒め始め、軽く火が通ったところでワインを適宜投入します。
    ラタトイユにワイン投入
  6. ワインのアルコールが飛んだところで、トマトの水煮缶を投入しコンソメスープの素を適宜入れます。
  7. ナスやズッキーニに軽く火が通ったところで鍋に蓋をし火を止めます。
  8. 20分くらい放っておきます。

今回はパスタにラタトイユをかけて食べる事にしたので、ラタトゥイユが完成したところでパスタを茹で始めました。


茹で上がったパスタにラタトゥイユをかけて完成です。深夜勤務あけに撮り貯めした映画を見ながら自分の好きな料理を食べる…うーん至福のひととき。身体的にしんどく無ければこういう生活も悪くないですね。