No.380の記事

春らしい髪形になりました。

若き日を柔道家として過ごした時間が長かったせいか、髪型にあんまり凝ったことはありません。天然パーマが嫌で短くしていることがほとんどですし、色もつけません。しかし美容院で「適当に短くしてください!」と頼むわけにもいかないですし、坊主じゃ患者さんに引かれてしまいますので、そこそこ今風な髪型にしてもらうようにしています。
ただいつも同じでもつまらないかなと思ったので、先日行きつけの美容院で「最近温かくなってきたので春っぽくしてみてください」と言ってみました。するとかなり春っぽい…というか前髪をバッサリいかれてしまいました。いつもの悪い癖で美容院に行くと寝てしまう事が多く、今回は当直明けだった事もあり目が覚めると「うぉっ」という髪形になっていました。さすがに古典的丸坊主ではなくロシアの若者みたいな髪型(余計意味不明か…)で、短い髪型好きな自分としてはそれなりに満足でした。ただ今までになく短いせいか、自転車で通勤すると頭がスースーし過ぎるのは閉口でしたけどね。

かなり短い髪の毛
あーなんか額が光っていますが、禿げてるわけじゃないですよ。
切ってみて気がついたんですが、よく見ると白髪が結構増えてました。父がかなり歳食うまで白髪がほとんどなく、その遺伝のせいか若白髪の混じる同期を尻目に自分の髪の毛は黒々していたんですが、ついにそんな猶予期間も終わったようです。あまりにショックだったので、見える白髪をハサミで全部切ってしまったのは言うまでもありません。

新しい春の訪れとともに自分にも変化が訪れていることを感じ、ちょいと悲しくなった今日この頃でした。何も変わっていないようで、いろんなところに変化は来るもんですね。