No.415の記事

JUNOESQUE BAGELはベーグルよりラスクが美味しい?

池袋Echikaに寄るようになってからJUNOESQUE BAGELというベーグル屋さんが気になって仕方がありません。今までベーグルを買うのはBAGEL&BAGELばかりだったので、たまには違うベーグルも食べてみたいなぁと思ってたんですよね。生活パターンが変ってベーグルを食べる期会が減っていたのでなかなか買いにいけませんでしたが、やっと買えたので感想でも書いてみようと思います。

JUNOESQUE BAGELは池袋Echikanの丸井側、食料品を売っている一角にあり、地下通路に面して陳列ケースが見えます…?、店名をよく見たらJUNORUSKって書いてありました。確かに展示してある商品も半分はラスクってくらいラスクだらけで、種類もベーグルと同じくらいありました。ベーグルとともにラスクも大好きの自分にはなかなかツボな空間でしたね。なので、ベーグルを買いに行ったんですがついでにラスクも買ってきました。

JUNOESQUE BAGELの袋JUNOESQUE BAGELの中身
実はJUNOESQUE BAGEL自体は随分前にちょこっと食べたことがあったんですが、BAGEL&BAGELと食べ比べたことはなかったので、自宅で食べ比べてみました。ここのベーグルも個別の密封包装で売っており、サイズや見た目はBAGEL&BAGELと大差ない感じでした。んで早速食べてみると…うーん、結構違う。味そのものよりも生地の食感に違いがありました。BAGEL&BAGELがモチモチ高密度系なんですが、JUNOESQUE BAGELは比較的乾いていて硬い感じでした。自分としては朝ごはんでベーグルを食べるならBAGEL&BAGELの方が好きですねぇ。JUNOESQUE BAGELはオリーブオイルをつけたり、ディップをつけておつまみ的に食べるのに向いている気がしました。
で一緒に買ったラスクの方はどうだったか?といいますと、まず形が独特です。よくある食パン型ではなく、ベーグルをかなり薄く切ってラスクに仕立てたものなんですね。味は元になったベーグル生地に味がついているものもありますが、粗目砂糖がまぶしてあるものもあったりして、バリエーションは多彩な感じです。元生地が同じせいか、このラスクも通常のラスクに比べて結構硬めでした。でもラスクならこの硬さと味わいはむしろ好きな感じで、味のバリエーションが豊富な事も考えると、ここのラスクにはハマりそうな予感がしましたね。

という事で、JUNOESQUE BAGELのベーグルは好みではなかったですが、ラスクはツボでした…ここベーグル屋さんなんですけどね。