No.447の記事

実写映画「カイジ」を見た。

カイジ人生逆転ゲーム
学生時代にちらちら読んでいた漫画「カイジ」が、藤原竜也主演で公開されました(公式サイト)。もともと青年コミックの映画化だけあって独りで見に行こうかと思っていたんですが、深夜ドラマの実写版ライアーゲーム(公式サイト)好きの嫁さんが興味を示したため、二人で見に行ってきました。ストーリーは「賭博黙示録カイジ」の希望の船〜絶望の城あたりまでを描いていますが、いろいろ変更点もあり原作とはちょっと違った内容になっています。それをちょこちょこ書くので、ネタバレが嫌な人はここから下は読まないようにしましょう。

カイジたる藤原竜也が消費者金融の保証人に名を連ねて借金を負い、それを帳消しにするため希望の船に乗り込むところからお話が始まります。この船では限定ジャンケンというゲームが開催され、その勝者が借金帳消しになる!というわけです。この限定ジャンケンは、グーチョキパーそれぞれが書かれたカードを渡され、それでジャンケンをし、勝つと相手から星がもらえるというゲームです。うーん、実にライアーゲームな感じです(ちなみに原作はカイジの方が先)。
ところがです。原作では確かもっと手の込んだ智謀が飛び交っていた気がするんですが、映画版は実に単純なやりとり(共謀して全て引き分けにする、カードに血をつける等)だけで希望の船編が終わってしまいます。正直ライアーゲームよりトリックがつまらんよという感想を抱きつつ、お話は進んでいきます。
カイジならではのルールの裏の裏を読む戦いを期待しながら観てましたが、運だめし的要素を過分に含んだまま最後のEカード戦までお話は流れ、消費者金融の社長である遠藤(原作はおっさんだけど映画版では天海祐希)とのやりとりがあって終幕となってしまいました。こりゃイカン。

確かに藤原竜也演じるカイジは表情が豊かで、ヘタレぶりも含めて漫画のカイジを超える存在に化けてました。遠藤を除くほぼすべてのキャストが原作のイメージ通りだし、決めセリフ、「ざわ…ざわ…」の表現も漫画版を意識してそれ以上に仕上がっていました。しかしカイジの最大の面白みであるルールを熟知した上での戦略ってのが全然再現されておらず、ライアーゲームを見慣れている僕らにとってはかなりもの足りなかったんですね。配役や再現性で健闘しているだけに、これはすごい残念でした。

ということで、原作を知っている人はそれなりに笑えましたが、知らない人にとってはやたらに中途半端な映画でした。せっかく再現度が高いので、テレビシリーズでストーリーも忠実に再現してくれたら面白いのにー、と思ってしまいましたね。