No.449の記事

スペイン料理〜baru吉祥寺

地道にスペイン料理屋さんが増加中の吉祥寺で、また新しいお店を見つけました。名前は「baru吉祥寺」と言いますが、公式サイトはないので店舗情報はhotpepperの該当ページなどを見てもらう事にしましょう(店長の公式ブログはあるようです)。
このお店の場所には昔「みすと」というワインを売りにしていたお店があった気がするんですが、Webの情報によるとその後「スペイン酒場みすと」に変わり、そして今の「baru吉祥寺」になったようです。って事はつまり結構前からスペイン料理屋さんだったのね…orz。

baru外観
まぁそれはさておき、東急百貨店裏通りを北上すると右手にある、派手な赤い看板が目印です。ここから地下に下っていくとお店があります。

baru内装グラスの底が光る演出
店内にはソファを使ったテーブル席が多くあり、一部カウンターもありました。仕切りがたくさんあってやや狭く感じるものの、程よく席どうしの距離が開いているのでプライベート感は高かったです。それにソファも柔らかくて座り心地もよく、結構くつろげる感じでした。あと「みすと」の時代からあったテーブルの上のグラスを光らせるライトがまだありました…多分10年以上前からあったんじゃないかなぁ〜、何だか懐かしいです。内装は昔から大きくいじってないんでしょうね。

baruの料理
んで料理の方はというとほぼ全品500円のタパスが中心ですが、スペイン風串焼き(ピンチョ)もおすすめらしく1本200円〜300円と焼き鳥な感覚で注文できます。時間がかかるので良ければパエリヤなどもあり、結構な品数は多い印象でした。
あと今回は車で行ったのでお酒は飲めませんでしたが、シェリー酒の品揃えがやたら多いのも特長です。料理もやや塩気が強くおつまみ向きなので、酒精強化ワイン大好きな僕としては次はシェリー飲みながら食事を楽しんでみたいなぁ〜と思いました。

数ある吉祥寺のスペイン料理屋さんの中では、中央線のガード下にあるBardeCante(バルデカンテ:公式サイト)に近いカジュアルなお店でした。タパスはやや割高な印象を受けますが、要前日予約のコースにすればお得になるようですし、シェリーを楽しみに行きたい人(そう多くはいないと思いますが)には超お勧めなお店です。興味を持った方は是非行ってみましょう。