No.450の記事

博多一風堂の姉妹店〜麺場異端児

吉祥寺にまた新しいラーメン屋さんがオープンしました。「異端児」というそのお店はCHABUTONのあった吉祥寺駅北口のガード沿いにあり、食べ歩き系ブログでは次々に報告があがってきてました。Webで色々検索したところ、すぐ近くにある博多一風堂のスタッフが作ったお店という事らしく、一風堂大好きな自分としては興味津々でした。

異端児の前
そんなわけで、某金曜日の夜に仕事帰りに寄ってみることにしました。自転車を近所の駐輪場に停めて歩いていくと…うぉ、キャバクラの勧誘が半端ない。こんな時間帯に男一人歩いていると鴨ネギ扱いなのか、立っていた全員に声かけられてしまい辟易してしまいました…。ただ別の日に行った時は全然勧誘されなかったので、いつもそういう状況というわけではないようです。
そんなわけでお店に到着。深夜ではない時間帯のせいか、意外に混んでません。全席カウンターで真ん中がちょっとがらんとしており、若干寂しい雰囲気でした。入り口の左横にある券売機をみると、サッパリ系アレ(650円)、コッテリ系コレ(750円)の2系統のスープに、味玉を乗せたりチャーシューを乗せたりできるようになってました。
んで、今回はアレとコレを2回に分けて行ってきたので、それぞれ感想を書いてみようと思います。おまけですが、食券を店員さんに渡したときに麺のゆで方を選べるようになっており、今回は全部普通でお願いしてます。

アレラーメン
まずサッパリ系のアレです。初めて行った時これを注文したところ、ものの数分で出てきたのにはビックリしました。スープは白濁したトンコツで麺は細硬麺と典型的博多ラーメンですが、臭みはほとんどありませんでした。味的には一風堂の白玉そっくりでしたが、こっちの方がより上品な感じで、なかなか美味しかった。実に満足です。

コレラーメン
で、2回目に行った時に注文したのがコッテリ系のコレです。一風堂の赤玉が出てくるかも…とワクワクしていましたが、出てきたのは黒いエキスがかかった白玉ラーメンでした。黒いエキスは最初焦がし醤油だと思っていましたが、ググってみたらマー油なんだそうです…自分、味判ってないですね(涙)。
んでコレの方はたしかアレよりにコッテリしてはいましたが、予想していたほどではなく結構食べやすかった印象です。

という事で異端児、期待通り美味しかったです。一風堂よりちょっと上品な感じなので、博多ラーメン好きだけど歳くってガツンとしたのが食べられなくなってきた自分にはまさにピッタリの味でした。ということで異端児おすすめです。一風堂が好きな人は是非行くべきお店でした。