No.47の記事

歯のメンテナンス

ここ数ヶ月ばかり虫歯の治療をしに近所の歯科医院に通ってました。虫歯の治療なんて約10年ぶりです。久しぶりにまな板の上の鯉の気分を味わってきました。
問題の虫歯は左下の臼歯で、1ヶ月くらい前にちょこっと穴が空いたかななんて思っていたらあれよあれよという間に穴が深くなり、食べ物が挟まったりして不便なんで近所の歯科医院に相談に行った次第です。軽い虫歯かななんて思っていたところ、医師の見立てでは神経まで行っちゃってるとのこと。痛みがなかったんで危うく放っておくところでした。
とりあえず薬で神経を潰し、ドリルで歯の上の咬合部分を全部削り取って銀の歯をかぶせてもらいました。google先生に聞いてみたところ、この治療はゴールドオンレーと言うらしいです。出典もとはハーネット(http://www.j-dol.com/)。世の中便利になったものです。

約1ヶ月かけて上の治療を終え最近は歯の調子も良かったんですが、この間軽い風邪をひいたときに左下の奥歯(正確には歯茎)が痛いんでその歯科医院に行ったところ、今度は「親知らずがあるからじゃないかな」とおっしゃるわけです。根治には親知らず抜歯が一番じゃろう、という言葉を信じて即日抜歯を開始。麻酔を皮下注し、親知らずにドリルみたいなのを突き刺して引っこ抜いて20分ほどであっさり終了。全然痛くなかったです(さすがに後から痛くなりましたが)。抜いた穴に食べ物が落下しますが、あんまり気にしなくても良いという事なので、言われたとおり気にせず生活しています。

そんなわけでここ数カ月は歯のメンテナンス月間になってしまいましたが、おかげで歯に関するあまたのトラブルは完全になくなりました。最近テレビ番組(あるある大辞典?)で、夜寝る前に歯を磨かない人は磨く人の30倍のミュータンス菌が口腔内に存在しているだの虫歯は予防が大事だの言われ、そうだ予防を心がけようと一人意気込む日々です。