No.515の記事

攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3Dを観てきた。

攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3Dポスター
攻殻機動隊 S.A.C.シリーズは士郎正宗の原作をProduction I.Gがアニメ化した作品群で、初代S.A.C.から攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETYまでDVDで全話を何度も繰り返して観てるくらい好きだったりします。その最後のエピソードである攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETYが3D化して劇場公開されるという話を聞きつけて新宿バルト9まで観に行ってきたので、その感想でも書いてみようと思います。詳細な作品情報は公式サイトを参照してみてくださいな。

この作品は攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGの後日談で草薙素子が9課を去ったという設定になっており、隊長に信任したトグサとバトーの視点で、シアク共和国のテロリストと傀儡回しの関係を追っていくという展開になります。相変わらず原作のエピソードを部分的につまんで混ぜたような作りになっており、傀儡回しは人形遣い、シアク共和国はガベル共和国、ラジプートは袁小輝だったりと原作好きな人はデジャブを感じる作りになっています。
とは言えストーリーは完全オリジナルで、事件の概要も他のシリーズ作品と同様入り組んでます。特に各組織とその構成員の立ち位置が複雑で、草薙素子と真犯人、彼が所属している組織と前述のテロリストの関係が一度観たくらいだと全然腑に落ちません。かく言う自分もDVD版を繰り返し観てやっと理解したつもりになっていましたが、3D版を劇場で観直して初めて納得したところもありと、ある意味何度観ても楽しめる作品になってます。

それで劇場で観た3D映像はどうだったのかと言いますと、まず電脳インターフェイスウィンドウが常に手前に飛び出す感じで、電脳化を疑似体験というコンセプトは結構実感できましたね。それとリニューアルしたオープニングでは3Dモデリングしたタチコマなどがグリグリ回ってたましたし、冒頭の空港突入シーンも立体的で、いずれもなかなか見ごたえがありました。ただ他はあまり立体感が強調されていないシーンが多かったので、DVD版と大きな差を感じることはできませんでした。元々劇場公開を前提に作成されてた作品という事もあり、3Dがスゴイ!というより普通に劇場で観れて面白かったなぁ〜というのが正直な感想だったりします。

そんなわけで映画自体は満足でしたが、反面心残りだった点も2つありました。1つは期間限定攻殻機動隊カフェに是非行こうと息巻いてたのに映画を見終わった頃にはかなり混雑してて入れなかった事です。これはもう仕方が無いので、売店でタチコマステッカーなどを購入してお茶を濁してみました。それともう1つは同時上映予定だった「Xi AVANT(クロッシイ・アバン)」が震災で公開が間に合わず、今回は観れなかったことです。これは残念だったので、何かほかの機会で観たいと思っています。