No.538の記事

ヒラタパスタでパスタを食べ忘れる。

吉祥寺ハモニカ横丁のスパ吉(公式サイトがないので食べログの記事参照)を気に入っていて何度もリピートしていましたが、最近その系列店の「ヒラタパスタ」が新しく吉祥寺にオープンしたと聞きつけたのでさっそく行ってきました。
お店はスパ吉のわりと近くで、JR吉祥寺駅北口を東西に抜ける通り(平和通というらしい)からPALAZZOというパチンコ屋さんとフルーツの一実屋の角を北に曲がり、その通り(武蔵通りというらしい)を少し進んだらPALAZZOとレモンドロップ吉祥寺本店との角を西へ曲ってPARCOに向かって進むと見えてくる、1階に東京三菱UFJ銀行のATMコーナーが入ったこぎれいなコンクリビルの地下1階にあります。写真を見てもらうとわかりますが簡素な入り口と控えめな看板しかないので、かなり注意してないと見逃しそうな雰囲気です。

ヒラタパスタの看板ヒラタパスタの佇まい
階段をコンコンと降りて行くと、ナチュラル系の木材テーブルと薄緑色の椅子を組み合わせた空間に入ります。天井やカウンターにはひょうたん型のブラウン系木板を組み合わせた装飾もあって、なかなか不思議な雰囲気です。座席は2人がけのテーブル席とカウンター席がそれぞれ6〜7席とそれほど多くはなく、真ん中に広いオープンキッチンがどーんと見えました。スパ吉は若干ゴチャッとしてて落ち着きがない感じでしたが、ここはだだっ広い店内にオーガニック系の色調で何だか落ち着いた感じでした。日曜日の20時過ぎの遅い時間に入ったわりにそこそこお客さんが入っていたので、普通にランチやディナーな時間には結構混んでそうな気がしました。
店員さんが持ってきたメニューは入口に飾ってあったのと同じものでしたが、写真を取ろうとしたら店員さんに「撮影はちょっと…」と言われたのでメニューの撮影は断念しました。思い出せる範囲ではサラダを中心とした前菜500円〜600円が4〜5数種、パスタやラザニアなど1000円くらいのメニューが7〜8種類とスパ吉に似た構成でした。数が多くないですがワインやビールなども選べるので、軽くお酒を飲むこともできるようです。

ヒラタパスタのグラタンとラザニア
今回も妻と一緒に行ったので、ブロッコリーとポテトの温野菜サラダに「5食限定」に惹かれたラザニア、鶏とエリンギのグラタンを頼んでみました。最初に来た温野菜サラダは火加減がちょうど良く、それを美味しく頬張りながら待つこと約15分でメイン料理ががやって来ました。テーブルにお皿を並べてもらってさぁ食べようと思った瞬間、パスタ屋さんなのにパスタ頼んでないやんけ!という事に気が付きましたが、既に後の祭りなのでそれぞれ味わう事にしました。
ラザニアは手作りっぽいラザニアとホワイトソースを重ねてオーブンしたもので、ラザニアの具の味があんまり強くないせいかミートソースと言うよりホワイトソースグラタンに近い味でした。鶏とエリンギのグラタンもホワイトソース主体なので似かよった感じでしたが、具がさっぱりしてる分よりあっさりしてました。味はスパ吉に似てしっかり塩+脂なので見た目の量に比べてかなりボリューム感がありましたが、味のバランスは良いので食べてる最中に濃いなぁと感じることはありませんでした(その代わり食後に喉が乾きます…)。
味の傾向としてはビールやワインなどと合うんだろうなぁ〜と思うものの、おつまみ系のメニューもないし比較的すぐお腹いっぱいになってしまうので、少しお酒を飲みながら夕食をサラっと食べるみたいな使い方が向いているのかもしれません。

ちなみに店員さんの会話を聞いていると、店長はヒラタさんという人らしく、どうもそれでヒラタパスタという店名みたいです…安直ですがわかりやすい。まぁ今回パスタを食べ損なったのは大誤算でしたが、お気軽に来れるパスタ屋さんができたのは大歓迎です。次回は是非パスタを食べに来てみたいですね。