千代田走友会  掲示板


▼ 掲示板 ▼ 投稿する ▼ 編集する . 



  • 最新 発言を  (表示ボタンを押すと下の入力欄が一旦クリアされます。)
おなまえ *
Eメール  
編集用パス *   (発言の訂正・削除用。任意の半角英数字で指定してください)
URL
コメント *
Cookie 保存 ON OFF

* は必須項目
 


<最新10発言>
12231. 2018年05月23日 16時20分05秒  原田 大輔 
〜箱根合宿実行委員会からのお知らせ〜

5月20日(日)より@箱根合宿及びAプレ合宿試走会の
参加申し込みを開始致しました。

現在、約20名の合宿参加申し込みを頂いております。
改めて下記にて@Aの開催日をお伝えいたしますので
参加検討いただければ幸いです!!

@箱根合宿開催日は10月13日(土)、14日(日)です。

Aプレ合宿“試走会”の開催日は7月22日(日)です。
 *合宿二日目の新コース探索として下見をするのが
  メインとなりますので、走力関係なく多く方が
  参加頂けと幸いです。

5月27日(日)から随時参加受付をいたしますので
よろしくお願いいたします。
(ホームページ、お知らせ欄にて概要案内しています)

*合宿参加費用の集金は、8月〜9月にかけて行いますで
 近々になりましたら再度告知いたします。


箱根合宿実行委員会
実行委員長 原田大輔

12230. 2018年05月21日 21時15分54秒  原田 大輔 
5/20の東日本年齢別駅伝、レディース駅伝に参加された皆様、
サポーターの皆様お疲れ様でした。
準優勝2チーム、4位1チーム、飛び賞1チームと
好成績で何よりでした!!
また、今回も差し入れを沢山いただき打ち上げも
上々となり楽しい一日を過ごすことができました。

“差し入れありがとうございました”

山田さん: イチゴのカスタードケーキ
山岡さん: 瀬戸しおせんべい
森岡さん: 月桂冠1ℓ、紙コップ
森さん : えび黒ごませんべい
鈴木(康)さん: うまい棒60本
加藤里香さん: だし巻き卵
内海さん: ドーナツ袋詰
堤さん: ドライフルーツ
曽我さん: 唐揚げ3パック
原さん : いなり寿司27個
斎藤恵理さん: ポテトサラダ特大パック
御菩薩木さん: 吉乃川720ml、ナッツ
山下さん: 赤ワイン2本
川崎さん: 黒ラベル500ml缶6本、
川平さん: エビのおから餅
平林さん: さきいか、するめさき
片山さん: 塩キャベツ、くらげサラダ、焼売、揚げ餃子
粟野友子さん: うりの漬物
町谷さん: ゴーヤの佃煮
柴田さん: パエリア風おにぎり
足立さん: セリの和え物
山梨さん: カントリーマアムその他
岡竹さん: おつまみセット
辻さん : くらのすけ(大宮のお酒)2ℓ
大門さん: エビのおかき
渡辺健介さん: 掛川の緑茶
渡辺通子さん: ポテトサラダ、おかき、フルーツジュース

12229. 2018年05月21日 00時34分16秒  山ちゃん 
【速報結果報告:第22回東日本年齢別駅伝、28回レディース駅伝】
5/20(日)開催の第22回東日本年齢別駅伝、28回レディース駅伝の件、参加いただいたランナーの方々、そしてサポーターの皆さま、本当にありがとうございました。

取り急ぎ結果報告させていただきます。
差し入れは原田さんよりコメントさせていただきます。

【千代田ヤングエリート(1部一般の部)】
◆山田隼→渡辺健介→下村拓英→杉浦宗典(1時間15分17秒:平均18分49秒)
・4年連続入賞の4位を果たしました!!
・山ちゃんは、18分13秒と未だ17分台が出せない状態ですが他チームの調子が悪かったのか2位でスタート、2区の東海道ラン帰りの渡健こと渡辺健介が18分33秒と力走、3区下村さんも18分47秒で進み、最後は杉浦さんが連休明けから咳が続き体調不良ながら19分44秒で頑張ってくれました!!
・山ちゃんと下村さんで17分台復帰した方が打ち上げの300円を出す予定でしたが、二人とも達成できずチャラになりました。忘年駅伝では17分台を互いに出し合い、良い意味でチャラになるよう頑張ります!!

【千代田エリート21(1部一般の部)】
◆泉貴之→山梨力→山梨洋→水名口信博(1時間24分40秒:平均21分10秒)
・泉さんが連れてきたニューフェイス水名口さんと山梨兄弟の混合チーム!!
・泉さんが楽しく走って21分2秒で走ると、山梨力さんが念願の初20分切り(19分59秒)を出し、兄の山梨洋さんも皇居一周では自己新の23分13秒をマーク、最後は水名口さんが20分26秒でゴールしました。
・自己新2名、チーム名通り平均21分台をマークしました。山梨兄弟おめでとうございます!!

【千代田ベテランエリート(2部年齢別の部)】
◆松本晃→塩田政晴→鈴木一治→岩切祐樹(1時間15分9秒:平均18分47秒)
・千代田の年齢別の部史上初の準優勝で、従来の5位を一気に塗り替える快挙達成!!
・2017年度のタイムトライアルでハーストさんを抜いた松本さんが目標の19分台で走り3位につけると、2区はこの大会10年ぶりに出場の塩田さんが岩切さん曰く強豪としてマークしていた東芝チームを抜き18分39秒で2位に躍り出ると、3区鈴木さんも塩田さんに肉薄する18分41秒でキープし、最後は4区岩切さんが今大会千代田で一番速い17分54秒の快走でした。
・岩切さんは最後、杉浦さんを抜き8秒差で千代田ヤングエリートにトータルで勝ち、千代田ベテラン組の凄さを見せつけられました

【千代田ベテランエリート(2部年齢別の部)】
◆金井正行→池嶌勝利→藤原毅→唐沢英希(1時間19分49秒:平均19分57秒)
・サムさん率いる「19分59秒」の会が今回は年齢別の部で登場!!
・1区の金井さんが松本さんとの一騎打ちを1秒差で制すると、翌週黒部名水マラソンと6月のサロマウルトラマラソンを控えている池嶌さんが短い距離の練習不足と言いながらも19分51秒をキープ、3区藤原さんも20分6秒と平均19分台を維持し、最後は4区唐沢さんが練習不足で21分台になりそうと言いながらも経験で19分58秒でフィニッシュ!!
・総合15位(年齢別の部では8位入賞?)で、飛び賞をいただきました。
・今回も平均19分台で名前通りのタイムを維持しました。

【千代田レディースエリート(3部レディースの部)】
◆篠原ふみ→石井牧→山岡利恵子→加藤里香(1時間26分22秒:平均21分36秒)
・こちらも千代田のレディースの部史上初の準優勝で、2007年の3位を11年ぶりに更新する快挙達成です!!
・泉さんが連れてきたニューフェイスの1区篠原さんが元陸上部とあって21分1秒という速さで2位発進すると、2区の石井さんは相変わらずの安定ぶりで22分ちょうどで走り、3区の山岡さんも23分5秒とぶれない走りで2人ともどこの区で走っても計算通りの走りを見せ、この時点で2位に2分差の3位。最後は前々日に満員電車のアクシデントで腰を強打し、出場も怪しかった4区のエース加藤さんでしたが、満身創痍の体も関係なし、2分差の2位チームを颯爽と抜き、20分16秒とケガしていない時よりも速いタイムで2位フィニッシュ!!最後は元気に手を挙げてフィニッシュラインを通過した加藤さんに皆で抱き合うチームワークの良さが光りました。
・新人篠原さんとエース加藤さん、そして毎回3位以内を確実に取るメンバーに毎回入る石井さん、山岡さんの素晴らしいチームで、準優勝は、11年間破られなかった2007年の粕谷→宮川→高桑→森岡の3位を抜く快挙になりました。

【千代田モリモリエリート(3部レディースの部)】
◆西山亮子→池田勢津子→柴田富久子→池田晃子(1時間35分40秒:平均23分55秒)
・元気モリモリだけあって皆さんタイムを伸ばしてきました!!
・1区の西山さんは皇居1周では自己新の23分39秒でスタートすると、2区の池田(勢)さんも背中の痛みと闘いながら23分47秒とベスト時の記録に戻りつつあり、3区の柴田さんも久しぶりに好調で24分台を叩き出し、4区の池田(晃)さんも23分37秒で母娘対決を制してフィニッシュ!!
・自己新1名、返り咲き3名と調子が上がってきました!!
・レディースエリートの加藤さん「男どもついてこい!!」に代わる「じじいども、ついてこい!!」という新名言(?)が打ち上げで飛び出しました!!

長く開催された9月から昨年4月そして今年は5月開催で、バーベキューを9月に変更してもらう中、またトライアスロン等の競技も被りましたが、集金担当の森岡さん、買い出し担当の森建さんと堤さんと斎藤さんと御菩薩木さんと金井(友)さんと鈴木(康)さん、記録係の大日方さんと原あゆみさんと久米さん、差し入れ担当の原田ご夫妻、カメラマンの池田さんと大谷さんと片山さんと香織ちゃん、そして多くのサポーターの皆様。今回も無事に大会を終えることができました。青年監督として心より御礼申し上げます!!

今年は5月開催で暑いけれど意外と気温は涼しく、走りやすい中、準優勝2チーム、4位1チーム、飛び賞1チームに自己ベストが5人も出る素晴らしい大会になりました。
全体的には年齢別の部が一般の部よりもチーム数が増え、ベテラン組がどこのチームも激戦区のようです。また女性のタイムも向上しており、レディースの部も熾烈な戦いに来年もなりそうです。
また大会と被った昨年の4月は50チーム参加でしたが、今年は5月開催だったため73チーム参加とチーム数が増えました。

2018年の残りの駅伝は12月の奥多摩と忘年駅伝のみです。良い流れで来ているので、夏の練習をしっかり行い、
2018年12月の本番に備えましょう!!
今年の山田監督業務は終わったので、あとは山岸総監督、森助監督に委ねたいと思います。
ありがとうございました。

12228. 2018年05月20日 23時06分42秒  山岸 
●お詫びと訂正
No.12224奥多摩駅伝候補選手ランキングで金井正行さんが3月のタイムトライアルで
出した記録(19:37)を見落としておりました。
これにより金井さんは14位から11位にランクアップし、11位から13位だった方は
1ランクづつ順位を下げることになりました。

他にも間違いがありましたら、ご指摘お願いいたします。

本日のレディース駅伝・年齢別駅伝に参加された方、応援・お手伝いの方、お疲れ様でした。
こちらも結果が出次第、ランキングに反映させたいと思います。


12227. 2018年05月20日 17時02分24秒  大谷 
 [http://30d.jp/chiyoda-rc/308]
レディース駅伝お疲れさまでした。

天候も良く、皆さんの頑張りで2位、2位、4位、飛び賞の賞品をいただき
大変盛り上がりました。
詳細は山ちゃんからあると思います。

写真をアップしましたので観てください。
大谷、片山、池田3名分です、山田香織さんのは追って追加します。
186枚ありますのでゆっくり観てください。

合言葉が必要です
分からない方はお友達み聞くか、メールで大谷まで問合せください。

12226. 2018年05月19日 21時48分15秒  わたなべけん 
こんばんは。

GW東海道ランの投稿でまたまた長々と掲示板ジャックしてすいませんでした。
皆様のおかげで何とかゴールできました。ありがとうございました!

さて、明日はレディース駅伝です。
おのおのお気に入りの女装で…じゃなくて、ベストを尽くしてがんばりましょう!
良いタイム出して奥多摩駅伝候補ランキングを上げていきましょう!

(以下、隼くんの投稿再掲)
◆集合時間、場所
・8時00分、桜田門時計塔前
・間違っても竹橋に行かないでください。桜田門スタートです。
・スタートは、9時10分(全チーム同時スタートです)
・参加費2000円です。選手の方は、森岡さんに会費を払ってゼッケンを受け取ってください。
・打ち上げは竹橋で300円
・記録、写真用にユニフォーム必要です。千代田ユニフォーム持っていない方は、山田まで連絡ください。レンタルします。

◆各役割一覧(サポーター)
・記録係:大日方、池田(勢)、久米(引き継ぎ)
・集金&ゼッケン:森岡(モリモリ、全員回収後、森夫妻に渡してください。)
・写真:池田、大谷、片山、香織ちゃん
・差し入れ:原田夫妻
・買い出し:森夫妻(モリモリから受け取ったら、人数にあわせて買って、残金を私に戻してください。)

◆大会後
・11時を目処に桜田門を離れ、いつもの活動場所(竹橋)で打ち上げを行います。
・山田は表彰がある場合、賞品と賞状を受け取ってから行きますので、先にサポーターたちと一緒に打ち上げ場所へ向かってください。
※雨天の場合、サポーターと連携して場所変更を判断します。

サポーター以外も応援、差し入れお待ちしております。初夏香る5月の駅伝は走るのも飲むのも気持ちが良いです。
また並走したり、先導していただけるスーパーランナーがいましたら、よろしくお願いいたします。

また不明点ありましたら、山田までご連絡ください。

12225. 2018年05月19日 21時37分33秒  わたなべけん 
GW東海道ラン最終日の九日目。15時間におよぶ長過ぎる戦い。総力戦でした!文章も長過ぎるけど…(笑)。

最終日は、ゴール三条大橋を目指し、距離は70km以上。序盤に鈴鹿峠、終盤に逢坂峠と蹴上坂が行く手を阻む難コース。

そして、次の日には平然と出社するのがサラリーマンのつとめ(笑)。終電「のぞみ64号(21時37分発)」に是が非でも間に合わねばならない!まさにラスボス戦。

2つの対策で備えた。

1つ目は出発時刻を早めること。ゲストハウスの「石垣屋」を出発したのは午前4時過ぎ。まだ暗い。施錠のため起きて頂き、激励までして頂いたオーナーに感謝!

これまでの実績を踏まえ、1時間で5km進む想定。食事、休憩、会話、観光、写真撮影など、全ての行動を含んだ平均ペース。4時出発で 、70kmを14時間かけて走り、18時に三条大橋にたどり着くだろうと推定。

2つ目は荷物の軽量化。前日のうちにドローンはじめ、不要な機材や着替え等を発送したため、バックパックの重量は9kgから6kgに。重いけど軽くなった(笑)!

この2つの対策は、3日目に片山さんご夫妻から「最終日は、鈴鹿峠越えに長距離、最後にも坂があるからスケジュールがきついかもね。」とアドバイスを頂いていたことに始まる。

道中ずーーーっと気にしてました。そして、日を重ねるうちに、このままじゃ最終日は絶対間に合わないという危機感の高まり…。ご助言に感謝です。

さて、東海道で2番目に険しい鈴鹿峠へと向かう。この旅2回目のヘッドライト点灯。装備時間はそれほど長くなく、本格的に峠に差し掛かった頃には太陽が明るさをもたらす。

荷物軽量化や高揚感もあってか、さほどキツさを感じることもなく順調に鈴鹿峠を越える。ここさえ越えてしまえば、あとは安心のはずだった。

…だが、さすがは鈴鹿峠。しっかりと爪痕を残してきた…。峠を下る頃から左腿(内側広筋)に軽くない筋肉痛の兆候が…。残り55km。

坂下宿、土山宿を抜け、水口宿に入る。途中、草むしりのお母ちゃん3人組にご挨拶し、すれ違おうとすると…

「何処から来はったんです?」

と引き止められ…からのにぎやかな会話が始まっちゃった(笑)!本格的に関西圏に入ったんだなと。こんな出来事から感じさせられるっておもしろい。

甲賀市を忍び足で颯爽と駆け抜けたいところだが、徐々に筋肉痛が耐え難いレベルになってきた…。太腿の中に「にんじん」サイズの筋肉痛のかたまりが…。

たまらずこの旅で初めて薬品投入!バンテリンを患部に塗り塗り。効果は無いかもしれないが、気休めでも、ほんの少しでも回復すれば御の字。ひんやり気持ちいいー!残り35km。

100mを走って、痛みに耐えれず100mを歩くという時間がしばらく続く。前半戦の貯金が削られていく。これが続くと後半戦がツラい…。

ふと、1日目で伴走してくれた友人から教わった疲れにくい走り方「すり足走り」を思い出し、試す。これがハマり、500m〜1kmくらいは継続して走れるようになった。大丈夫だ。これで間に合うぞ。

…だが、それもずっと続くわけがなく、休憩回数が多く、長くなってきた。痛みだけでなく、強烈な眠気まで襲ってくる。

眠い…。寝るなー。
眠い…。寝るなって。
眠い…。寝てんじゃねえよ!

この繰り返し。草津宿に着く頃、姥ヶ餅屋を探す心の余裕もなく、思わず弱音メッセージを吐くと、みんなから激励というか、ムチ打つ声が返ってきた(笑)。ドMにはありがたい!

琵琶湖南岸にさしかかった17時過ぎ、無慈悲な雨が…。距離は残り13kmちょっと。逢坂峠と蹴上坂も残っている。ちょっとリミッター外さないとまずいかもな…。

前回右膝を壊した苦い経験から、今回は故障に対してかなり神経を使っている。痛みの前兆が出たら、すぐにストップ&ケアでやり繰りしてきた。

その許容範囲を少し緩める。痛くてもゴーだ!明日は走らなくていい。ただし、長引く故障にしてはならない…。微妙なさじ加減。

雨足が強まる中の逢坂峠越えはつらい…。時間も迫ってきたからポンチョを装備する余裕もない。

つらい…。眠い…。冷たい…。
つらい…。眠い…。冷たい…。

でも…でも…チンタラ歩いてたらオレは終電乗れずクビになるんだよーーー!!!うおぉぉぉーーーっ!!!!!

火事場のクソ力とは恐ろしいもので、ほんの一時ではあるが、4分15秒/kmのサブスリーペースを刻んだ…(笑)。

途中、地元のランコースに詳しい西谷さんからコースに関するアドバイスを受け、最後のストレートへ。

このGWの9日間、いや、前回の年末年始も含めて19日間の長丁場。喜怒哀楽した場面、多くの人と心通わせた場面が頭の中をよぎる…。とりわけ、右膝の故障を認知した箱根峠の場面がクッキリと浮かぶ…。

ようやく…、ようやくあの故障状態から脱出できた…。思うように走れないのはツラかった…。そして、故障を再発させることなく此処までたどり着けたんだ…。

グッとこみ上げるものがあった。

そして、スタートでお見送りして頂いたり、道中を伴走してくれたり、話しかけて頂いたり、アドバイスくれたり、激励してくれたり、みんなに助けてもらった場面が次々に駆け巡る…。本当に総力戦だった。

思い返すと涙が出た(歳とると涙もろい)。

気を取り直し、最後のストレートを駆け抜け、19時に三条大橋に到着。東海道旧道470kmの道のりを完走できた。

やったー!せっかくだし記念写真を。

「あのー、すいませんが、写真を一枚…」

「…あ、急いでるんで」

「…ごめんなさい」

軽蔑のまなざしに手では拒否のジェスチャー。悲しいけど、確かに怪しいもんね…(笑)。日に焼け過ぎてるし、ヒゲ伸び放題だし、雨でずぶ濡れだし、汗臭いし…。

5分くらい三条大橋を右往左往し、ようやく心優しいカップルが一枚の写真を撮ってくれた。苦労と感謝がにじむ忘れられない一枚となった。

終電までには余裕があり、余韻に浸りたいところだったが、明日は仕事。

「さ、新幹線で帰るとするか…。」

◯9日目(5/6日)リザルト
◆発着:関宿→三条大橋(約70km)
(関宿→坂下宿→土山宿→水口宿→石部宿→草津宿→大津宿→三条大橋)
◆難所:鈴鹿峠越え、逢坂峠越え、蹴上坂
◆食事:笹井屋のなが餅(前日の余り)、柿千の柿の葉寿司、石部宿田楽茶屋の茶屋うどん
◆宿泊:自宅
◆体調:両足腿・ふくらはぎの筋肉痛(特に左内側広筋が激痛)、両足指にまめ多数、背中に微痛(荷物の影響)、強烈な眠気

12224. 2018年05月18日 12時49分15秒  山岸 
◎2018年奥多摩駅伝(男子)候補ランキング(5月6日現在)
レース日時:12月2日(日)
コース:青梅市役所前〜奥多摩駅折り返し6区間
チーム数:4チーム予定、選手24名、補欠8名
選考基準:前年の奥多摩駅伝以降、今年の9月末までのタイムトライアル、駅伝大会(忘年、内濠年齢別)、トラックレース(千代田区選手権、都民生涯大会)で5000mのタイム上位24名が選手、8名が補欠兼サポーターとなります。

候補選手と持ちタイム(敬称略)※は5キロ換算、T1は1月タイムトライアルの意味
 ●は前月よりタイムを上げた選手
1山ア裕太17:19内濠、2渡辺健介※17:57奥多摩、3山田隼18:05T1
4下村拓英18:21忘年、5岩切祐樹18:22内濠、●6塩田政晴18:36T5、⇒以上エリートチーム候補

7大門聖和18:45千選、8 鈴木陽平19:01、9杉浦宗典19:04内濠、⇒1区候補
10飯村亮19:33T3、11金井正行19:37T3,12遠藤真輝19:38内濠、⇒2区候補

13唐沢英希19:40忘年、14Rハースト19:45T4、15稲木健人19:48T2、⇒3区候補
16池島勝利19:55T4、●17高村明男19:59T5、18水名口信博20:00T3、⇒5区候補

19藤原毅20:16忘年、20山梨力20:22T4、21岩崎修20:24T12、⇒6区候補
22泉貴之20:48T4、23柳川秀和21:06T4、24平林春樹21:10忘年、⇒4区候補
(以上現在の選手候補)

25粟野剛21:24T12、25川那部岳志21:24T2、27大竹祐人21:25T4、
28辻俊昭21:28T12、29宮尾重範21:51T3、30茂木信一21:53T4、
31小田則幸22:14T4、32仲川栄治22:24T4、
(以上現在の補欠兼サポーター候補)

33小島幹矢22:26忘年、34岩本俊信22:33T12、35金勉22:37T3、
36伊沢久雄22:44T12、37西谷敏郎22:47T2、38外舘道広22:55、
39徳山一22:59忘年

以上が5月タイムトライアルまでのタイム順による候補選手です。
塩田さんと高村さんが5月のTTでタイムを伸ばし順位を上げました。
辞退者が4名出たため候補者が43名から39名となりました。

なお、奥多摩駅伝の選手選考は3月の都民駅伝の選手選考も兼ねておりますのでベスト6に入った方が選手、7位と8位の方が補欠といたします。

12223. 2018年05月18日 12時33分06秒  わたなべけん 
GW東海道ラン八日目。トンネルを抜けると、やつが姿を見せた…。

波音で目が覚める。ネットカフェの個室は狭い。…が、温泉に入れたし、寝床のクッション性もあったし、何より波音BGMがすごく心地良かったため、思いのほか快眠(これ自宅でもやりたい)!

昨日購入した張正「まめ絞り」の手ぬぐいを装備し、近鉄戸田駅から桑名駅まで電車移動。この区間を走ることも考えたが、止めておいた。

桑名宿に到着。今日はドローン最終日。まずは木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)を空影。スケールがでか過ぎて画角に入りきれない。江戸時代は船渡しするような区間だったから、もっとワイルドな河口部だったに違いない…。

さて、ランを開始。桑名宿と言えば、今も昔も焼き蛤!すごく楽しみにしてたけれど、さすがに朝っぱらから開いてる店はない…。

続いて四日市宿。四日市と言えば、工業やコンビナートの印象が強い。確かに煙突がたくさん見えるが、走ってみると新たな魅力を感じとることもできる。

島姉やん(島田さん)に教えてもらった笹井屋の「なが餅」、ゆるキャラ「こにゅうどうくん」と首が伸びるシュールなパパ「大入道」、東海道と伊勢路の分かれ道「追分」、松尾芭蕉が落馬した急坂「杖衝坂」などなど。

大入道パパのインパクトがだいぶ強烈(ある意味ラスボス級)だったものの、工業だけの印象じゃなくなったのは間違いない。

石薬師宿(鈴鹿市)に入ってから食べた來來憲の「とんてき」でガッツリ体力を回復させ、目指すは関宿。

石薬師宿、庄野宿を経て、亀山宿を通過する頃、一つの小さなトンネルを抜ける。不意に、だがハッキリとやつの姿を捉えた…。

これまでの道中でも、連なっている山脈が何となく見えていたが、いま自分の目の前に捉えている山が明日のラスボス戦、序盤で越えねばならない「鈴鹿峠」だとハッキリ分かった。

武者震いする。アレを越えるのか…。明日は壮絶な1日になるかもな…。

関宿に到着。お宿は「石垣屋」。とてもクセの強いゲストハウス。建物も、内装も、オーナーも、ゲストも(笑)。

オーナー、ゲストを交えての飲み会(ゆんたく)は大盛り上がり!どっぷりまったり浸かっていたかったが、明日のラスボス戦のことを想い、苦渋の決断。

飲み会に参加できず本当に申し訳ないと謝り、次はゆっくり訪れることを約束した。酔っ払ったゲストのみなさんに激励を頂き、23時過ぎに立派な和室にて就寝…。

明日は決戦だ!

◯8日目(5/5土)リザルト
◆発着:桑名宿→関宿(約40km)
(桑名宿→四日市宿→石薬師宿→庄野宿→亀山宿→関宿)
◆難所:杖衝坂
◆食事:笹井屋のなが餅、來來憲のとんてき定食、くらぞうの関宿弁当
◆観光:東海道日永郷土資料館
◆宿泊:石垣屋(予約済)
◆ドローン:木曽三川、関宿の町並み、鈴鹿峠
◆体調:両足腿・ふくらはぎの筋肉痛、両足指にまめ

12221. 2018年05月13日 19時18分43秒  わたなべけん 
GW東海道ラン七日目は人の優しさ、人情に触れました。

御油宿のラブホにて起床。一人だけどムダにダブルベッドがでかい。おかげさまで快眠でしたが(笑)。少し早めの6時半出発。昨日のぶんの距離を挽回すべく、まずは岡崎宿を目指す。

途中、御油宿の松並木を通過。青空に映えて気分が良くなる。夕方になると浮世絵にも描かれた「留女」が出てきて客引きしてたのかな…。

ココでは昔の松の木を保護しているだけでなく、若い松の木を植樹してさらに良い景観をつくり出そうとしていて、その心意気に感動してしまった。

道の駅藤川宿に到着。既に岡崎市に入っているので、岡崎セット(五平餅、八丁みそまん、岡崎茶)で小休憩。空いた席を探していると、お母さんがにこやかに「相席どうぞ」と席を指す。

お母さん、車でご家族と旅行しており、東京へ戻る途中だそう。山口の「山賊(山奥にある変わった食事処)」での食事、京都での大混雑、僕の道中話など、たった10分ちょっとでしたが楽しい時間でした。帰りもお気をつけて。

先を進むと、緑の屋根瓦がかっこいいお宅を発見。写真を撮っていると、お父さんが出てきた。ごめんなさいと謝ると、「これ食べてみなさい」と差し出してくれたのは収穫したばかりのサクランボ。

街道を保護している話や仲間に先立たれて寂しいというような話をされた。「甘酸っぱくて美味しい!」と言うと、満面の笑顔。残りもがんばってねと激励まで頂いた。

岡崎宿の二十七曲がりにてこずり、カクキューの味噌串かつ、小松屋のあんまきでエネルギー補給し、刈谷市ではりか姉さんパワーを浴び、有松の手前まで到着した。

有松は、池鯉鮒(ちりゅう)宿と鳴海宿の間にあり、絞り染めの「有松絞」が江戸時代からの名産品となっている。手ぬぐいをゲットしたかったので、「張正(はりしょう)」に電話で営業時間を問合せ。

「お店は何時までやってますか?」

「17時閉店となってますよ。」

「あ、そうなんですか…。いま東海道を走っていて有松絞のお店に是非立ち寄りたかったけど、間に合いそうにないですね…。」

「え、走って!?今どちらですか?」

「豊明市です。」

「近いですね。大丈夫ですよ。到着しましたら、お店開けますから。」

何という親切さか。今風に言うと「神対応」というやつですね。本当にありがとうございます!

立派な古民家の街並みを抜けて、お店に到着。有松絞がズラリ並ぶ。その中から、張正さんにしか技術が残っていない「まめ絞り」の手ぬぐいをチョイス。明日はこれを装備しよう。

東海道ランや有松絞のことをいろいろお話し、お店を出ようとすると、「ちょっと待って」と女将さんがもう一枚「雪花(せっか)」の手ぬぐいをプレゼントして下さった。

「これも着けて走って下さい!」

女将さんの温かい気持ちに深く感謝、感動し、完走を誓った。

その後、桶狭間の合戦場に想いを馳せ、マックでの機器の充電などを経て、ようやく宮宿(熱田宿)に到着。夜9時半。

本来なら、ココから桑名宿までの船渡し「七里の渡し」が江戸時代のルートだが、チャーター船を予約・調整する時間的な余裕がなく、今回は断念。

そして、ここで問題発生!宿が無い…。前日と同じ問題。全く学んでいない自分にガッカリする…。名古屋市にも桑名市にも空室なし。

かくなる上はラブホ2連泊か(笑)。しかし、これ以上はコストをかけられず、仕方なく温泉&ネットカフェのある「中川コロナワールド」で宿泊。

こちらのネットカフェ、海の波音がBGMとなっており、夢の中での七里の渡しとなりましたとさ…。

◯7日目(5/4金祝)リザルト
◆発着:岡崎宿→宮宿(約55km)
(御油宿→赤坂宿→藤川宿→岡崎宿→池鯉鮒宿→鳴海宿→宮宿)
◆難所:七里の渡し(準備不足で渡航できず)
◆食事:道の駅藤川宿の五平餅、お父さんのサクランボ、カクキューの味噌串かつ、小松屋のあんまき
◆宿泊:中川コロナワールド(ネットカフェ)
◆体調:両足腿・ふくらはぎの筋肉痛、両足指にまめ、右膝ほぼ痛まず

千代田走友会