歯の矯正リポート

 歯が綺麗になるよ

 はじめに 

このページは、ある主婦(ちこ)が30歳になった時に突然「歯の矯正」を思い立った時のレポートです。
途中で、レポートは止まってしまっています...
私の文才がない為に上手く表現ができなくなってしまったからです。ごめなさいm(_)m
本人は結構まじめに書いていますが、かなり笑えます(*^^*)

  歯の矯正を始めた理由 

いい年をして今頃矯正をするとは思ってもみませんでしたが、
ずっと以前から歯並びが悪く気にはなっていました。
独身の時、一度矯正をしようと(普通の)歯科に相談に行った事がありますが、
急に仕事が忙しくなったこともあり止めてしまいました。
そのうち輝かしい独身時代は終わってしましました。
現在は結婚もし主婦になり、もうそんな事は忘れていました。

  あるとき歯茎が痛くなり、なんだかこのままだと歯槽膿漏になって歯がなくなっちゃうんじないかと
(私の父は歯槽膿漏で早くから総入れ歯です。)
不安にかられ主人に相談してみたのが始まりです。
痛くなった歯茎は、別の歯で前に押し出された前歯のところでした。
歯並びだけが関係があるのではないかもしれませんが、やっぱり歯が磨きにくいという欠点はあると思います。
結局は自分は丁寧に歯を磨いているつもりでも磨けていないということかもしれません。
まだまだ先が長い人生、できるだけ自分の歯で食べ物を食べたいものです。 

 日記を付けようと思った理由
私のまわりで歯の矯正をした人がいなかったので
私自身、情報不足で、ただ治療費が高いと言う事しかわからなかった事です。

どんな治療をしていって、どんなメリット(肩こり頭痛が治ったり)
デメリット(痛い痛い体験)があるのか、わからなかった事です。
ここでは、あえて治療費の事は書いていません。
みなさんが気になるのは、治療費の事かしら?(笑)
別に書いてもいいのですが、地方と都会では金額が違う事や(お給料や物価が違います)
あと、同じ地域でも治療費の金額は、病院によって多少違ってくるようですので控えました。

もし、私の様に歯の矯正をあきらめた人がいたとしても
また、私の様に思いつけば30歳になっても歯の矯正はできました。私が「生き証人」です♪(^▽^)
歯の悩みは自分自身にしか解らないことです。
親がどうこう言ったとしても
(私の場合、子供の時に矯正したいと希望したのですが、させてもらえませんでした)
でも、今回の私の様に結婚後に矯正する事になったので
さすがに親も旦那さんに悪いと思ったのでしょうかねぇ〜?(^^)かなり援助をしてくれました。
援助は本当に有り難かったです。

もし、「歳をとってしまったので、悩んでいる」という方がいらしたら
この笑える私の日記を読んで頂いて、励みになれば幸いです。(^人^)


 
H10年7月2日

H10年8月2日

H10年8月16日

H10年9月1日
H10年9月5日
H10年9月12日

H10年9月21日

H10年9月22日

H10年9月28日

H12年10月にやっとブリッジが取れました。
装置をはずした後に
後戻りをふせぐための
簡単な保定 装置に変わりました。
現在 保定期間中です(*^^*)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

/ BACK / MENU  / BBS / LINK/ TOP/