温泉自慢のホテル・旅館特集
【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付
温泉の旅泉質別温泉ガイド

旧泉名 新泉名
単純泉 単純泉 特徴 肌に対する刺激が少なく体にやさしい温泉が多く、肌の弱い人や高齢者、幼児などにも向きます。
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労・ストレス回復 など
アルカリ性単純泉 アルカリ性単純泉 特徴 PH8.5以上の単純温泉で、通常の単純泉より刺激が少なく温泉です。美人の湯といわれる温泉も多くあります。
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労・ストレス回復 など
塩化物泉 ナトリウム塩化物泉
ナトリウム・カルシウム塩化物泉など
特徴 塩化物泉は体を温める効果が大きく血液の循環を良くし筋肉をやわらげます。また入浴後は保温効果が高く、湯ざめがしにくいため冷え性などにも効果があり「子宝の湯」と呼ばれている温泉もあります。飲用すると、胃腸の運動が盛んになります。(但し、高血圧、心臓病、腎臓病、体にむくみがある時などの場合は飲泉は控えてください)
効能 リュウマチ、冷え性、打ち身、ねんざ、婦人病、肩こり、腰痛、神経痛、胃腸病 など
石膏泉 カルシウム硫酸塩泉
カルシウム・ナトリウム硫酸塩塩化物泉など
特徴 硫酸イオンにより血管を拡張して、血液の流れをよくするので、高血圧症、動脈硬化などによいとされています。石膏泉には鎮静効果があり、硫酸カルシウムが腸や胃などから吸収されると、新陳代謝がよくなるので、便秘や肥満によいとされています。
効能 高血圧、動脈硬化、糖尿病、皮膚病、打撲、筋肉痛、関節痛、不眠症、便秘 など
芒硝泉 ナトリウム硫酸塩泉
ナトリウム硫酸塩塩化物泉など
特徴 硫酸イオンにより血管を拡張して、血液の流れをよくするので、高血圧症、動脈硬化などによいとされ、その他には切り傷にも効きます。また腸の運動を盛んにするので、便秘、肥満、糖尿病、痛風などにもよいとされています。
効能 高血圧、動脈硬化、切り傷、便秘、糖尿病、痛風 など
重曹泉 カルシウム(マグネシウム)炭酸水素塩泉
ナトリウム炭酸水素塩塩化物泉
特徴 重曹泉は皮膚の表面を柔らかくし、肌をなめらかにします。このため、古くから「美人の湯」といわれています。また飲用すると、胃酸を中和し、慢性胃炎によいとされています。(但し高血圧症、腎臓病の場合は飲泉は控えてください)
効能 美肌、皮膚病、火傷、切り傷、胃腸病 など
重炭酸土類泉 カルシウム(マグネシウム)炭酸水素塩泉など 特徴 カルシウムやマグネシウムなどを含み鎮静作用や炎症を抑える働きがあり、アレルギー性疾患、皮膚病、じんましんなどによいとされます。また血糖値を低下させるので、糖尿病にもよいとされます。飲用すると、胃酸や腸の酸を中和し胃腸病にも効きます。
効能 皮膚病、火傷、切り傷、胃腸病、糖尿病 など
明礬泉 含アルミニウム泉
アルミニウム・鉄硫酸塩泉
含鉄アルミニウム硫酸塩泉
特徴 明礬泉は「目の湯」とも言われ白内障や結膜炎などに効果があり、また肌をひきしめるため美肌や皮膚病への効果もあります。
効能 美肌、皮膚病、眼病 など
硫黄泉 硫黄泉 特徴 硫黄泉は古くなった皮膚の角質に効果があり、美肌効果があり、特にアルカリ性の高い硫黄泉は肌にもやさしいので適しています。また硫黄には解毒作用があり、金属中毒や薬物中毒にも効果があります。
効能 皮膚病、美肌、婦人病、リュウマチ など
酸性硫黄泉 硫黄泉 特徴 酸性硫黄泉の多くは硫黄以外に硫酸、塩酸、ホウ酸、明礬、緑礬などの成分を多く含み多くの効能を持っています。酸性が強いと肌の弱い人には向きませんが、殺菌力が強いので水虫などの皮膚病に効果があります。
効能 皮膚病、切り傷、婦人病、リュウマチ など
鉄泉 鉄泉 特徴 鉄泉は鉄分を多く含んでいるので貧血などに効果があります。温泉の中の鉄分は空気に触れると酸化するので赤茶色になります。
効能 貧血、更年期障害、リュウマチ、湿疹 など
炭酸泉 単純二酸化炭酸泉 特徴 成分の炭酸ガスの刺激で皮膚や粘膜などの毛細血管が広がり、心臓に負担がかからずに血行を促進するため高血圧の人にも適しています。また飲泉すると胃腸の働きを促進します。
効能 高血圧、動脈硬化、きりきず、やけど、胃腸病 など
放射能泉 放射能泉 特徴 別名ラジウム泉。尿酸を尿から出すため痛風の湯ともいわれ、他にも効能が広いので現在も湯治に利用されています。また温泉に含まれる放射能は湧き出した後、空気中に散ってしまうので心配はありません。
効能 高血圧、動脈硬化、皮膚病、婦人病、痛風、胃腸病、神経痛、胆石 など

各泉質の効能は必ず効果があるというものではありません。療養や湯治目的の方で通院・治療中の方は事前に医師とよく相談をしましょう。温泉施設や旅館などが営業上「美肌、美人湯」など特定の効果を宣伝している場合もあります。また食塩泉、硫酸塩泉、硫黄泉などでも全く同じ温泉はなく、成分が違うため効能も違くなる場合もありますのでご注意ください。
飲泉は飲泉許可のある温泉でしてください。飲泉の際は注意事項をよく確認してください。