温泉の旅福島の温泉

中ノ沢温泉

西村屋   高原の小さな温泉街の旅館
安達太良山の西側のふもとにある中ノ沢温泉は小さな温泉街である。お湯の良さを考えると、まだまだ訪れる人の少ない温泉だ。
山の東側にある岳温泉がくろがね小屋の下から約10km引き湯しているのと同様、中ノ沢温泉も沼尻元湯から6kmほど引き湯している。もともと温泉街はこの元湯にあったのだが、明治時代の安達太良山の噴火により現在の場所へと移転した。
大正2年(1913年)には川桁から沼尻の間(15.6km)に沼尻鉱山から硫黄を運ぶ目的で、日本硫黄沼尻鉄道(軽便鉄道)が開通する。高原を走る軽便鉄道は「高原列車はゆく」のモデルとなり、映画にも登場し中ノ沢温泉も賑わったという。鉄道はその後、鉱山の廃鉱などで昭和43年(1968年)に廃止となった。
中ノ沢温泉には公共浴場や日帰り温泉施設はないが、ほとんどの旅館で日帰り入浴を受け付けている。「西村屋」は間口の広い旅館なので、すぐわかる。
内風呂は大きな浴場と小さな浴場がある。この日に入浴できたのは小さな方の浴場である。
湯船の大きさは4人が入れるぐらいだが、小さな湯船には有り余る量のお湯がどんどん注ぎ込まれており、どんどん溢れ出ている。床は洪水状態という感じだ。白濁したお湯には白い湯の花も浮かんでいる。
お湯は酸性の硫黄泉で、有毒な硫化水素は引き湯の途中で木の樋を通して抜いている。源泉の湯量は毎分9000リットル。もちろん福島県No.1の湯量である。
西村屋ご自慢の渓流沿いの露天風呂は、旅館の建物から少し離れたところに作られているので衣服を着てから移動する。
緑に囲まれた露天風呂はちょっと落ち着いた雰囲気がある。湯船の先の方にまわれば隣りを流れる渓流を眺めることもできる。
こちらのほうも、白濁したお湯がかなりの量の注ぎ込まれ、湯船からどんどん溢れている。温度は適温だ。
お湯の注ぎ口には飲泉用のマスが置いてあるので少し飲んでみると、とても酸っぱくて少ししか飲めなかった。
周辺の観光情報 猪苗代観光協会 沼尻スキー場 猪苗代町の天気予報
住所 福島県耶麻郡猪苗代町大字蚕養
字沼尻山甲2855
交通
TEL 0242−64−3311 磐越自動車道猪苗代磐梯熱海ICから母成グリ−ンラインを走り、終点をでるとすぐ中ノ沢の温泉街にでる。温泉街の中ほど左側にある間口の広い旅館。

地図を表示
HP http://nisimuraya.com/
予約サイト JTB  じゃらん
泉質 酸性含硫黄鉄(U)硫酸塩硫化水素泉
(硫化水素含有酸性明礬緑泉)
泉温 58 PH1.85
効能 胃腸病、リュウマチ、糖尿病 など
露天風呂 有り
宿泊料金 10650円〜
入浴料金 500円
営業時間 10:00−15:00
定休日 無休
駐車場 30台