温泉の旅福島の温泉

幕川温泉

水戸屋旅館   樹齢800年の檜をくり抜いた露天風呂
秘湯として人気の野地温泉や鷲倉温泉などが並ぶ土湯峠から、さらに細い山道を奥に進んで行くと幕川温泉の2軒の宿が見えてくる。ここは東吾妻山の中腹にある山深い温泉だ。そのため雪の季節には休業となる。
幕川温泉には水戸屋と吉倉屋の2軒の旅館があり、どちらも創業約100年、2軒とも日本秘湯を守る会の会員旅館になっている。
水戸屋のお風呂は1階に大浴場、2階に檜の露天風呂がある。
まずはこの宿の名物である檜の露天風呂へ。
この露天風呂は混浴で(女性専用タイムも有り)、樹齢800年という大きな檜をくり抜き、それを2つ組み合わせて瓢箪の形にしたという凝ったお風呂である。
湯船に注がれるお湯は白濁している。白濁といっても何か均一というかきれいな感じの濁り方である。お湯の中には白い湯の花が浮かんでいる。臭いもあり温度も適温でかけ流しになっている。
ともかく、この檜風呂はまわりの緑を見ながら、つかるのが気持ち良い。
こちらは1階にある大浴場
ここの大きな湯船からも白濁したお湯が、ざんざん溢れていた。お湯の色といい、湯の花といい硫黄泉のようだが分析書では単純泉になっている。
大浴場の端にある1人用という感じの岩で囲まれた小さな湯船。お湯はぬるめだが湯船の底には白い湯の花がたくさん沈んでいた。
大浴場の外にも露天風呂がある。こちらは岩風呂で温度はぬるめになっている。
以前はこのお風呂から源泉の櫓が見えていたが、今は役目を終え取り壊されてしまったようだ。
この他に宿の裏手には渓流沿いの露天風呂「さえりの湯」(混浴)もある。
周辺の温泉情報 新野地温泉相模屋 赤湯温泉好山荘 鷲倉温泉高原旅館
周辺の観光情報 土湯温泉観光協会 浄土平ビジターセンター
土湯温泉の天気予報
住所 福島県福島市土湯温泉町字幕川 交通
TEL 0242−64−3316 東北自動車道福島西ICから、国道115号線を猪苗代方面に向かう。土湯を過ぎ、東鵜川トンネルの先を右折して、しばらく旧国道を進む。新野地温泉、鷲倉温泉を過ぎ幕川温泉の看板を右折、細い道をしばらく進む。
地図を表示
予約サイト JTB
泉質 単純泉
泉温 74   PH7.2
84.2 PH7.1
効能 神経痛、関節痛、筋肉痛 など
露天風呂 有り
宿泊料金 8550円〜 部屋・人数などにより異なります
入浴料金 500円
営業時間 10:00−15:00
定休日 4月下旬〜11月まで営業
駐車場 50台
幕川温泉 水戸屋旅館 by 温泉の旅