温泉の旅福島の温泉

木賊温泉

木賊温泉 共同浴場   全国にファンを持つ河原の共同浴場
近年、スキー場などが作られ開発が進んだとはいえ、南会津にはまだまだ素朴な山村が残っている。山間に旅館や商店が並ぶ木賊温泉もそのひとつである。
木賊(とくさ)とは山野に自生する植物の名前で、温泉は1000年も前に発見されたという。
小さな温泉街から道路脇の階段を降りて行くと、河原に小さな湯小屋が見えてくる。
ここは無人なので料金箱にお金を入れて中に入る。
この共同浴場は地元の人や温泉ファンのみならず、釣り人やライダーの間だでも人気の高い温泉だ。
河原にあるため、過去に何度も水害で建物が流されている。その度に全国のこの共同浴場のファンから復旧のための寄付金が集まるそうだ。脱衣場の棚の上には寄付をした人たちの名前がたくさん書かれている。
お風呂は混浴だが、個室になった女性専用の脱衣場もある。
窓からは目の前に河原の大きな石や西根川の流れがよく見える。特に川は透き通っていて、魚が泳ぐ姿もはっきりと見える。まさに清流だ。
お風呂は自然の岩の横に造られていて、湯船は大きな岩をはさんで2つある。こちら手前側の湯船、奥の湯船からお湯が流れ込むようになっている。温度はちょっとぬるめ。
お湯は緑がかった透明で、脱衣場には単純泉と掲示されているが硫黄の臭いが強い。お湯の中には湯の花も浮いている。温度は熱め。
こちらは奥の湯船
この温泉の特徴を上げたらきりがない。岩風呂、その岩間から湧出するお湯、お湯の色、泉質・・・。そういうものを前もって知らなくてもよい。黙ってお風呂につかっていればわかる素朴で味わいのある温泉だ。

ただ、人気のある温泉なので土日には人が多く、この良さが味わえないかもしれない。できることなら平日にのんびりと浸かるのがおすすめである。
集落の手前にあるもうひとつの共同浴場「広瀬の湯」。こちらは男女別のお風呂になっている。
周辺の観光情報 南会津町 南会津町木賊の天気予報
住所 福島県南会津郡南会津町木賊 交通
TEL 東北自動車道の西那須野塩原ICから国道400号線を田島、塩原方面へ、上三依で国道121号線に入り、早坂の交差点で国道352号線を檜枝岐方面へ、しばらく走り「木賊温泉」の標識のある交差点を左折。しばらく走ると木賊温泉の集落。道路の脇に共同浴場入口の看板がある。
地図を表示
泉質 単純泉
泉温 45
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 有り
入浴料金 200円
営業時間 24時間
定休日 無休
駐車場 3台