温泉の旅福島の温泉

折木温泉

元湯つるや旅館   肌がスベスベになるヌルヌルのお湯
福島県の太平洋岸は浜通りと呼ばれている。温泉のガイドブックにはこの浜通りの温泉というと「いわき湯本温泉」ぐらいしか載っていないが、他にも小さいが、すばらしい温泉や鉱泉がたくさんある。
折木温泉もそのひとつで昔、傷ついた鷺が泉に浸かっているのを見た農夫が病を癒したという話があり、約300年もの歴史がある。現在、2軒の旅館があり、そのうちの1軒が「元湯つるや旅館」である。
ここの主役はなんといっても温泉そのものだ。温度は18度しかないため鉱泉と分類されてしまうが、ちょっとした温泉以上に特徴があるお湯だ。
お湯は無色透明で、ともかくヌルヌルしている。かといってお湯につかっている分には他の温泉とかわず気持ち良い。
ところが湯上がり後には肌がツルツルになってしまう。
温度は沸かしているので適温になっている。お湯が熱いときには、赤いハンドルを回すと冷たい源泉が湯船に注がれてくる。
湯船のとなりには打たせ湯のスペース?があり、パイプの先からは源泉がかけ流しになっている。
周辺の観光情報 広野町 広野町の天気予報
住所 福島県双葉郡広野町折木字南沢134 交通
TEL 0240−27−3161 常磐自動車道のいわき四倉ICから県道35号線を浪江方面に向かい、以後、「元湯つるや旅館」の看板に従って進む。
地図を表示
泉質 単純炭酸鉄泉
泉温 18
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 無し
宿泊料金 6300円〜
入浴料金 400円
営業時間
定休日 無休
駐車場 20台