温泉の旅群馬の温泉

万座温泉 万座高原ホテル

標高1800mにある雲上の石庭露天風呂
万座温泉は日本百名山の草津白根山の頂上近い標高1800mに湧く日本でも有数の高所温泉である。万座温泉は江戸時代末期より湯治場として発展したが、現在では万座スキー場とともにリゾートとしても人気がある。
そんな万座温泉の観光スポットのひとつが「空吹き」だ。岩肌から有毒な火山ガスが吹き上げ、このため吹き出し口のそばだけ草木がはえることが無い。
空吹き
万座高原ホテルは、以前「万座高原ロッジ」という名前で親しまれていたホテル。プリンスホテル系列の宿泊施設であるが、スキーや観光客などの日帰り利用も多い。
万座高原ホテルの名物は渓流に面した混浴の石庭露天風呂で「水晶の湯」「嬬取の湯」など9つのお風呂がある。以前は積雪の期間は入浴できなかったが、新館の「しゃくなげ館」のエレベータを利用して降りられるようになり通年利用も可能となった。
お風呂の手前には男女別の脱衣場があり、女性用の脱衣場からは女性専用の露天風呂に出られるようになっている。
女性は混浴の露天風呂へはバスタオルや湯浴み着で入浴できる。(湯浴み着はロビーで販売)

露天風呂は谷に囲れるような感じになるが、開放感があり気持ちよく入浴できる。
お風呂の中でも大きいのは「水晶の湯」と「白滝の湯」で、それぞれ20人ぐらいが入れる大きさがある。その他に打たせ湯や砂風呂などもありバラエティにとんだお風呂だ。
どのお風呂も姥湯、錫湯、大苦湯の源泉を使用した乳白色の硫黄泉で、お湯の中には白い湯の花が浮かび掛け流しになっている。となりを流れる渓流(護岸されているのでちょっと味気ない)も温泉が流れ込み白濁している。

水晶の湯 白滝の湯
紅の湯 打たせ湯 砂風呂

万座高原ホテルの館内には男女別の内風呂と男女別の露天風呂がある。内風呂は12人ぐらいが入れる湯船が2つ、どちらも白濁したお湯で熱めのお湯とぬるめのお湯になっている。
内風呂の外にある露天風呂。露天風呂といっても大きな屋根がかかり、建物や壁に囲まれているので開放感は無いのが残念だ。ただ、けっこうな量のお湯が掛け流しになっている。
紅葉の万座温泉街
標高の高い万座温泉の紅葉は10月上旬〜中旬。少し下った万座ハイウェイの紅葉は10月中旬〜下旬。すぐ近くの草津白根山や志賀高原とあわせれば素晴らしい紅葉ドライブが楽しめる。
万座温泉の紅葉

万座温泉の
温泉ガイド
万座ホテル聚楽 湯の花旅館 豊国館
万座亭

     
周辺の観光情報 万座温泉観光協会 万座温泉ガイド 万座温泉スキー場
嬬恋村観光協会 万座温泉の天気予報

住所 群馬県吾妻郡嬬恋村大字干俣2401 交通
HP http://www.princehotels.co.jp/manza-kogen/ (自動車)
上信越自動車道碓氷軽井沢 I.Cから国道18号線経由で中軽井沢。146号線で峰の茶屋から鬼押ハイウェイ、万座ハイウェイを経由して終点が万座温泉。万座高原ホテルは大駐車場から2番目の宿。
(鉄道・バス)
JR吾妻線万座鹿沢口駅から西武高原バスで約40分。
地図を表示 Mapion
予約サイト
じゃらん その他の万座温泉のホテル・旅館
泉質 酸性含硫黄マグネシウム・ナトリウム硫酸塩泉(硫化水素型)
泉温 63.4 PH2.2
効能 皮膚病、婦人病、糖尿病 など
露天風呂 有り
宿泊料金 8700円〜 シーズン・人数などにより異なります
入浴料金 1200円(ホームページに割引券有り)
営業時間 11:00−18:00
定休日 無休
駐車場 50台

万座温泉 万座高原ホテル by 温泉の旅