温泉の旅群馬の温泉

湯の小屋温泉

洞元荘    タヌキの宿の河原の露天風呂
水上から、さらに奥利根の曲がりくねった道を進んで行くと大きな壁のような奈良俣ダムの堰堤が見えてくる。
この先が湯の小屋温泉である。
湯の小屋温泉は水上温泉郷の一番奥にあり、かっては尾瀬への登山口として知る人ぞ知る秘湯と呼ばれていた温泉である。
現在でも宿と温泉以外には何もないところだが、秘湯ブームのおかげで有名となり春から秋にかけてはたいへん賑わっている。すぐ近くには紅葉の名所、照葉峡もある。
洞元荘
夜になるとタヌキが現れることから、タヌキの宿として有名な旅館「洞元荘」。その日帰り用の入口が「洞元茶屋」である。
洞元茶屋の館内にはお風呂の他に広間や食事処、売店などもある。
洞元荘のお風呂はあちこちに分かれてあるため、初めての場合、お風呂の場所の説明を良く聞いておくのがポイント。
洞元茶屋の館内にある岩風呂の内風呂(男女別)と混浴の檜風呂(打たせ湯付き)。お湯はどちらも掛け流し。
内風呂の岩風呂 混浴の檜風呂
「夕立風呂」
洞元荘の名物、混浴の露天風呂「夕立風呂」。旅館の建物のすぐ脇にある。
まわりは木々が多いので緑の中のお風呂という感じ。
湯船は20〜30人ぐらい入れる大きさで、単純温泉のお湯は少し黄色がかった透明なお湯。掛け流し。
「仁王の湯」
もうひとつの露天風呂は旅館の建物とは反対側、川沿いに造られている。ここは「仁王の湯」と呼ばれるお風呂で、湯小屋の入口の左右に仁王像がある。
仁王の湯の露天風呂は男女別。こちらもかなり大きいお風呂だ。これだけ大きいと、ふつう温度は少しぬるめとなるが、ここは適温。
湯船から溢れ出たお湯はそのまま川へと流れ落ちてゆく。
お風呂は河原にあるため渓流の流れがよく見える。ともかく開放感は満点。
広いお風呂にのんびり浸かって、河原を流れる心地よい風にあたれば浮き世の面倒くさいことも忘れさせてくれそうだ。

他に宿泊者用として「洞元荘」内に男女別内風呂と貸切風呂がある。
(周辺の観光)
照葉峡
湯の小屋温泉から少し上流にあたり、大小11の滝が連続する姿から、関東の奥入瀬とも呼ばれ紅葉の名所である。照葉峡は大正から昭和にかけて活躍した俳人、水原秋桜子が愛した場所で翡翠の滝、鼓の滝、ひぐらしの滝などの滝に名前も付けている。
照葉峡の紅葉写真
奈良俣ダム
国内最大級のロックフィルダムでダムの高さは158m(国内第3位)。ダムには資料館や展望台などがあり、秋には紅葉スポットとなる。湯の小屋温泉の少し先からダムまで登る道路があり、ダムの堰堤の下からも遊歩道で登ることができる。
ホームページ
周辺の観光情報 水上町観光協会 水上温泉旅館協同組合 水上宝台樹スキー場
水上高原スキー場 水上藤原スキー場 水上町の天気予報
住所 群馬県利根郡みなかみ町大字藤原
字湯の小屋6158
交通
TEL 0278−75−2211 関越自動車道水上ICから国道291号線で水上温泉を経て湯桧曽へ。「湯の小屋」の標識に従い県道を走っていくと巨大な奈良俣ダムの壁が見えてくる。その少し先が洞元荘。
地図を表示 Mapion
HP http://www.dogenso.com/
予約サイト
JTB じゃらん 湯の小屋その他の旅館・ホテル
泉質 単純温泉
泉温 71
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 有り
宿泊料金 10650円〜 ※季節や人数などにより異なります
入浴料金 1000円
営業時間 10:00−18:00
定休日 洞元茶屋は4月下旬〜11月下旬までの営業
駐車場 50台
湯の小屋温泉 洞元荘 by 温泉の旅