温泉の旅群馬の温泉

応徳温泉 くつろぎの湯

地元の人向けのかけ流しの温泉

中之条町の六合地区(旧六合村・2010年3月に中之条町と合併)は、有名な草津温泉のとなりにあり、山間に集落が点在する人口3千人ほどの静かな場所である。
ここにはいくつもの温泉があり、中でも尻焼温泉や花敷温泉、湯の平温泉が有名であるが、その手前にある応徳温泉もすばらしい温泉だ。
応徳温泉が発見されたのは応徳年間(1084〜1086年)で、沢渡の湯から草津の湯に向かう旅人により発見されたという。
日帰り温泉の「くつろぎの湯」は、道の駅の裏側にある施設で、以前は「六合村高齢者センター」という名前だったが、現在は温泉施設として運営されている。
入浴の受付は隣にある「お宿 花まめ」で行っている。
浴場は改装されてきれいになった。板張りの壁にタイル張りのお風呂。カランも一新された。
お湯は少し白濁しており中には白と黒い湯の花も舞っている。温度は適温で少しイオウの臭いも漂う。
加水・加温・循環・入浴剤・塩素消毒はすべて「無し」である。
ただこの温泉、昔は緑がかった灰色のお湯に黒い湯ノ花がたくさん浮び、硫黄の臭いもきつく、源泉の温度も53.5度、PHも8.0と高かった。
それに比べると今のお湯は少しパンチ力が無くなってしまったので残念である。
館内にはお風呂以外に冬はコタツが置かれる広間や休憩室がある。
駐車場の一角には無料で利用できる足湯もある。ただし営業は6月〜9月まで。
となりの「道の駅 六合」には物産館や食堂、宿泊施設の「お宿 花まめ」がある。
応徳温泉から沢渡温泉に向かうと暮坂峠がある。ここは若山牧水が草津温泉から沢渡温泉に向かう時に通った峠で文学碑も建てられている。
また、応徳温泉や暮坂峠周辺は秋にはすばらしい紅葉になる。白砂渓谷の紅葉

周辺の観光情報 六合地区観光情報 中之条町小雨の天気予報

住所 群馬県中之条町小雨21−1 交通
TEL (自動車)
関越自動車道渋川ICから国道17号で沼田方面へ。白井上宿交差点から国道145号の八ツ場バイパスの久々戸交差点を右折し、長野原草津口駅前の交差点を左折、新須川橋の交差点を野反湖方面(国道292号)へ右折。
しばらく走ると右側に「道の駅六合」がある。「くつろぎの湯」はその裏側。
(鉄道・バス)
JR吾妻線長野原草津口駅から路線バスで道の駅六合バス停。(本数が少ないので注意)
地図を表示 Mapion
泉質 ナトリウム・カルシウム硫酸塩塩化物泉
泉温 42〜44 PH7.4
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 無し
入浴料金 大人400円 など
営業時間 10:00−20:00
定休日
駐車場 50台