温泉の旅群馬の温泉

草津温泉 西の河原露天風呂

西の河原にある巨大露天風呂

湯畑とならぶ草津温泉の名所である西の河原公園。あちらこちらから温泉が噴きだし湯川となって流れだしている。
ここは別名「賽の河原」「鬼の泉水」とも呼ばれ、草木が育たない場所となっている。
西の河原公園ライブカメラ
この西の河原公園の一番奥にあるのが「西の河原露天風呂」である。ここは男女別に大きな露天風呂があるだけだが、その素晴らしい開放感からとても人気がある。
露天風呂はともかく大きい。実際に入ると露天風呂というよりも池のように見えてしまう。お風呂の大きさ男女合わせては500u(約150坪)。
セブンイレブンやローソンといったコンビニエンスストアの売り場が30〜40坪というから、男湯だけでも湯船の中にお店が2店も収まってしまう計算だ。
その広さのおかげで混雑とは無縁のお風呂である。また周囲の山や緑を見ながら入浴する開放感もたまらない。秋の紅葉、冬の雪見と素晴らしい風景を見ながら入浴することができる。
ただ、さすがにお風呂が広すぎるためにさすがに、場所によっては少しぬるめの湯加減になってしまう。
源泉は万代鉱で緑がかった透明なお湯だ。温度が高いので加水しているが、それでも舐めるとかなり塩辛く成分は濃い。
西の河原露天風呂は掛け流し。露天風呂の奥に行くと湯煙りをあげて落ちている温泉の滝が見える。それが小さな小川のようになって男女の露天風呂に注がれ、露天風呂から溢れたお湯も小川のようになって流れていく。
お風呂の端のほうには(湯滝)打たせ湯もある。
他にかぶり湯やシャワーもあるが、ここは普通の温泉施設と違い、基本的には体を洗うような場所は無い。

露天風呂には何度かの改装により、雨や雪でも入れる用に東屋などが設置されています。
(秋)
露天風呂の正面にある山が美しく色づき、紅葉風呂が楽しめる。
草津温泉の紅葉
(冬)
西の河原露天風呂は巨大な雪見風呂となる。

草津温泉の
その他の温泉ガイド
大滝乃湯 草津温泉館 テルメテルメ
草津ビッグバス 共同浴場

周辺の観光 湯LOVE草津 草津温泉旅館協同組合 草津国際スキー場
湯もみショー 草津温泉の宿泊 草津の天気予報

住所 群馬県吾妻郡草津町草津521−3 交通
TEL 0279−88−6167 (自動車)
関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号を沼田方面に向かう。白井上宿交差点から国道353号・145号で草津方面へ。
草津温泉街のホテル桜井前の交差点を左折し、志賀高原・白根山方面に向かうと草津国際スキー場のすぐ手前に西の河原駐車場がある。そこから徒歩6〜7分。

(鉄道・バス)
JR吾妻線長野原・草津口駅からJRバスで草津温泉まで約30分。湯畑からは西の河原通り経由で徒歩約15分。
地図を表示 Mapion
HP http://sainokawara.com/
泉質 酸性塩化物・硫酸塩泉
泉温 94.6 PH1.7
効能 皮膚病、切り傷、婦人病 など
露天風呂 有り
入浴料金 大人 600円 子供 300円
携帯電話用の割引クーポン
営業時間 7:00−20:00(4月〜11月)
9:00−20:00(12月〜3月)
定休日 無し
駐車場 駐車場はスキー場手前の、天狗山第1駐車場(西の河原駐車場)を利用。





草津温泉 西の河原露天風呂 by 温泉の旅