温泉の旅群馬の温泉

尾瀬戸倉温泉 尾瀬ぷらり館 戸倉の湯

尾瀬のハイキングやスキー・スノボに便利な温泉

群馬、福島、新潟の3県にまたがる国立公園の尾瀬。特別保護地区や特別天然記念物に指定され、貴重な動植物が多いことでも有名である。
尾瀬の紅葉の見所は草紅葉。それも最高に美しいのは、ほんの数日だけという。そんな時のよく晴れた朝には黄金色の絨毯を見ることができる。その他にも鳩待峠周辺や裏燧の紅葉もとても美しい。
片品村の戸倉地区は尾瀬への群馬県側からの入口であり、鳩待峠や富士見下へのバスの発着場所でもある。ここに湧くのが尾瀬戸倉温泉だ。
その尾瀬へ向かうバス停や駐車場の入口に、2009年4月22日にオープンしたのが「尾瀬ぷらり館」である。館内には日帰り温泉の「戸倉の湯」や「東京電力 自然学校」などがある。
尾瀬ぷらり館の建物はかなり大きいが、温泉施設はこぢんまりとしている。内風呂には4人ぐらいが入れるタイル張りの湯船がひとつあるだけ。
お湯は無色透明なアルカリ性の単純泉で、けっこうヌルヌル感もある。温度は適温でかけ流し。
洗い場も4人分でシャンプーやボディソープも用意されている。
露天風呂も4人分の大きさ。こちらはぬるめのお湯となっている。
露天風呂の目の前には色づき始めた山が見える。紅葉の見ごろにはお風呂に浸かりながら紅葉狩りが楽しめるかもしれない。
館内には休憩施設はないが、お風呂の入口にソファーなどが置かれている。
東京電力自然学校・尾瀬戸倉教室

尾瀬戸倉地域の生態系や動植物、地域の文化や産業などについての展示の他、尾瀬や戸倉周辺でのネイチャーツアーも実施している。

開館時間は9:00〜17:00。休館日は毎週水曜日。
ホームページ

周辺の観光情報 尾瀬国立公園 尾瀬保護財団 尾瀬の紅葉写真
片品村観光協会 尾瀬戸倉観光協会 スノーパーク尾瀬戸倉
片品村の天気予報

住所 群馬県利根郡片品村戸倉736−1 交通
TEL 0278−58−7263(観光協会) (自動車)
関越道沼田ICから国道120号線を尾瀬方面に向かう。椎坂峠を越え、鎌田から尾瀬戸倉面に向かい、しばらく走り戸倉の旅館街に入り、鳩待峠への道の分岐・尾瀬第1駐車場の入口にある。
(鉄道・バス)
上越新幹線上毛高原駅から関越交通バスで約2時間。JR沼田駅から関越交通バスで約1時間30分。
地図を表示 Mapion
泉質 アルカリ性単純泉
泉温 43.8 PH9.82
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 有り
入浴料金 大人500円 など
営業時間 10:00−18:00(4月末〜10月)
12:00−17:00
定休日 第2・4水曜日(夏期)
毎週水曜日(冬期)
駐車場 15台
隣の尾瀬第1駐車場は尾瀬へのハイカー・観光客用の駐車場で有料。