鎌先温泉

温泉の旅宮城の温泉
木村屋旅館   温泉街を見下ろす展望露天風呂
鎌先温泉は今から約600年前の正長元年(1428年)、農夫が喉が渇いたので水を探していた際に、温泉が湧き出しているのを発見した。この時、鎌の先で木の根や岩をかきわけて温泉の涌き口を発見したことが鎌先温泉の名前の由来となった。
その後「奥羽の薬湯」と呼ばれ、古くから湯治場として栄えてきた。今でも狭い谷間に湯治もできる旅館が建ち並び、一番奥には鎌先温泉のシンボルともいえる大正時代に建てられた大きな木造4階建ての一条館本館が鎮座している。
木村屋旅館は温泉街を見下ろす高台に建つ近代的な旅館である。とはいえ創業400年というこちらも老舗の宿だ。
自家源泉も所有し展望風呂や天狗岩風呂、かっぱ風呂などいろいろなお風呂を楽しめる。
最上階にある「月見浴殿」
月見浴殿は展望風呂ということで湯船のまわりは大きな窓になっていて眺めが良い。
お湯は「奥羽の薬湯」と呼ばれた薄茶色のお湯だ。このお湯が湯船からとうとうと溢れ出ている。温度は適温。
旅館自体が高台にあり、しかもお風呂が最上階なので窓からは鎌先の温泉街や周囲の山々が良く見える。
展望露天風呂
露天風呂は「にごり湯」と呼ばれている。お湯は内風呂よりも濃く、湯の花もたくさん浮かんでいる。温度はかなり熱めだ。
こちらも掛け流しになっているので、湯船のまわりは鉄分を含んだ温泉の成分で茶色になっている。
この他に館内には天狗岩風呂や女性専用のかっぱ風呂などのお風呂もある。
周辺の観光情報 白石市観光協会 白石市 みやぎ蔵王白石スキー場
鎌先温泉の天気予報
住所 宮城県白石市福岡蔵本鎌先1−51 交通
TEL 0224−26−2161 東北自動車道白石ICから国道4号線を白石方面に向かう。少し走ると鎌先温泉の標識がある交差点を右折し、その後は標識に従って進む。「木村屋旅館」は温泉街の一番奥となる。公共駐車場は温泉街の手前に2ヶ所。
地図を表示
HP http://www.kimurayaryokan.co.jp/
予約サイト JTB   じゃらん
泉質 ナトリウム塩化物硫酸塩泉
泉温 33.9 PH7.1
効能 切り傷、火傷、皮膚病 など
露天風呂 有り
宿泊料金 10500円〜 シーズン・人数などにより異なります
入浴料金 800円
営業時間 10:30−16:00
定休日 無休
駐車場 鎌先温泉の各旅館の駐車場は狭いので温泉街の手前の公共駐車場も利用。