温泉の旅長野の温泉

発哺温泉

発哺国際ホテル 天狗の湯  休業中
全国的にも有名な紅葉スポット、志賀高原。10月のなかばともなると美しい紅葉の時期を迎える。
最近では平床や奥志賀の紅葉が雑誌などによく取り上げられるが、発哺(ほっぽ)温泉の紅葉もとても美しい。
蓮池のロープウェイ駅から見ると黄色につつまれた山肌の中に白い発哺温泉のホテルが見て取れる。
発哺温泉の宿はいずれも紅葉の中に建っている。「天狗の湯」もそのひとつだ。
発哺温泉は志賀高原のスキーヤーには昔からおなじみであるが、志賀高原でも一番古い温泉で歴史は江戸時代までさかのぼる。
今から160年ほど前、「天狗の湯」の初代、関新作の夢枕に天狗が現れ、その知らせにより温泉を発見したと云われている。
その後、湯治客を相手に小さな湯宿を始め、それが現在の「天狗の湯」へと姿を変えていく。
宿のロビーには夢枕に現れた天狗にちなみ多くの天狗の面が飾られている。
「大天狗」と名付けられた浴場には1人用〜20人ぐらい入れるものまで全部で5つの湯船があり、お湯の温度も少し熱め〜ぬるめまであるので、好みに応じて入浴することができる。
浴場の窓からも美しい紅葉を眺めることができる。
発哺温泉のお湯の多くは地表からでる高温の蒸気に湧き水を通して作っている。
とはいうものの温泉にはしっかりと臭いがあり、湯船には白い湯ノ花も浮いている。しかもお湯は掛け流しで利用されている。
露天風呂からもお湯に入りながら紅葉を眺めることができる。冬の間は雪が多いため閉鎖となる。
露天風呂のすぐ横にあるケルン型石づみ釜。この中で蒸気と湧き水で温泉が作られ、湯船へと注がれる。
発哺(ほっぽ)温泉の名前の由来にはこの蒸気が地表に湧き出す音が転じたものとも云われている。
志賀高原の温泉 熊の湯温泉熊の湯ホテル ほたる温泉長寿の湯
志賀山温泉ホテル渓谷 幕岩温泉ホテル志賀サンバレー
丸池温泉ホテル白樺荘 木戸池温泉ホテル
周辺の観光情報 志賀高原観光協会 志賀高原ロープウェイ 志賀高原索道協会
志賀高原自然保護センター 志賀高原の旅 志賀高原の天気予報
住所 長野県下高井郡山ノ内町志賀高原発哺温泉 交通
TEL 上信越自動車道信州中野ICから国道292号線に入り、湯田中を過ぎて、そのまま草津志賀道路(国道292号線)を登る。蓮池で発哺温泉方面に左折してしばらく走り、発哺温泉の標識のあるところで左折し坂を下る。
地図を表示 Mapion
HP http://www.tengunoyu.com/
予約サイト
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)
泉温 50 PH5.4
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 有り
宿泊料金 13500円〜
入浴料金 1080円
営業時間 10:00−14:00
定休日 休業中
駐車場 100台(公共駐車場を含む)
発哺温泉 天狗の湯 by 温泉の旅