温泉の旅長野の温泉

中棚温泉

中棚荘  りんご風呂がある島崎藤村が愛した旅館
中棚温泉 中棚荘は明治31年の創業。千曲川を見下ろす丘の中腹にあり、懐古園にも近く小諸時代の島崎藤村が愛した旅館だ。
現在は「日本秘湯を守る会」の旅館として人気の宿で、TVにもたびたび登場する。館内には藤村の作品が置いてあるラウンジや昔ながらの卓球場もある。
フロントから長い廊下を進み、一旦、外に出て階段を上ると別棟になっているお風呂にとたどり着く。
木造の湯小屋は太い丸太の梁があり雰囲気がある建物だ。脱衣場には青畳が敷かれ、浴室との間には仕切りがないのが特徴になっている。
内風呂は窓が大きいので明るく、見晴らしが良い。
湯船は20人ぐらい入れる大きさの石風呂で、丸太を使って三つに区切られている。
お湯は手前の石から湧き出るように湯船に注がれている。かけ流しにより、湯船から、こぼれたお湯は露天風呂に流れ、露天風呂から外に流れる仕掛けだ。
お湯はやや黄色がかかった透明で少し臭いがあり、湯ノ花も浮いている。ややヌルヌルした肌ざわりがする。温度はややぬるめになっている。
小諸は信州りんごの名産地。
中棚荘のお風呂も秋から冬にかけては、たくさんのリンゴが浮かぶ、りんご風呂となる。
露天風呂からも見晴らしは良い。時代とともに中棚温泉のそばにも住宅が建ち、藤村が見ていた風景とはだいぶ変わったが、内風呂や露天風呂から見る千曲川と川沿いの風景は独特の趣きがある。
お風呂は大小2つ。大きいお風呂は内風呂から流れ出たお湯に加熱したお湯をミックスしているので、やや熱めの温度になっている。
小さい方のお風呂は地下600mから湧出する源泉を加熱しないで打たせ湯として注ぎ込んでいるのでぬるめのお湯である。
懐古園
懐古園は千曲川の地形を活かした要害「小諸城」の城跡で、武田信玄の軍師、山本勘助が縄張りをしたと伝えられている。また、ここは「穴城」と呼ばれ城下町よりも低い場所にあるという珍しい城でもある。
現在は藤村記念館や小山敬三美術館、徴古館、動物園などがあり、日本桜の名所百選にも選ばれた桜の名所となっている。
周辺の観光情報 小諸市観光協会 懐古園 小諸市の天気予報
住所 長野県小諸市古城乙1210 交通
TEL 0267−22−1511 上信越自動車道小諸ICから小諸市街方面に向かい、懐古園の標識に従って国道18号を越えて進んで行く。懐古園の入口、小諸駅を過ぎて、古城の信号を右折し、坂を下る途中にある。
地図を表示 Mapion
HP http://www.nakadanasou.com/
予約サイト じゃらん
泉質 単純泉
泉温 39.7
効能 神経痛、関節痛、筋肉痛 など
露天風呂 有り
宿泊料金 11000円〜 シーズン・人数などにより異なります
入浴料金 1000円
営業時間 11:30〜14:00
定休日 無休
駐車場 50台