温泉の旅長野の温泉

千古温泉

千古温泉   お湯の良さを聞きつけてファンが集まる温泉
千古温泉は真田町の温泉施設「ふれあいさなだ館」のすぐそばにある一軒宿の温泉である。歴史は古く真田十勇士のひとり霧隠才蔵が入浴したという伝説もあるくらいだ。現在は宿泊を休止し日帰り入浴に応じている。
道路から狭い坂を下りて旅館の脇の駐車場に車を入れると、まわりに温泉の臭いが漂っている。温泉ファンはこの臭いだけで期待をもってしまうだろう。
浴場はとてもこぢんまりとしている。湯船は4人ぐらいが入れる大きだがコンクリート製なのでちょっと味気がない。洗い場の設備もシャワーがひとつだけというのも物足りない。ところがお湯はとてもすばらしい。
寝そべるぐらいの浅い湯船には適温の透明なお湯が掛け流しで注ぎこまれている。お湯の中には黒いマンガンの湯の花も浮いている。つかっているだけで気持ちがよいという感じのお湯で体もよくあたたまる。
窓を開けると渓流と紅葉がよく見える。この日は平日の昼間で混んでいなかったが、お湯の良さを聞いた人が訪れていて、みなさん口々に「いいお湯だ」と話していた。
洗い場の端にある飲泉用?の蛇口。となりにコップが置いてある。飲んでみるとイオウの臭いがして、味もゆで玉子の黄味のような味がする。
宿の前を流れる洗馬川。
秋は紅葉が美しい。この川の少し上流には霧隠才蔵が修行したという伝説が残る千古の滝がある。
周辺の観光情報 信州上田観光情報 真田氏歴史館 真田町の天気予報
周辺の温泉 ふれあい真田館 地蔵温泉 十福の湯
住所 長野県上田市真田町長6395 交通
TEL 0268−72−2253 上信越自動車道上田菅平 I.Cから144号線を嬬恋方面に進む。荒井の交差点を長野、松代方面に左折し、町役場を過ぎた交差点(右折で真田温泉の看板有り)を左折し、少し走り、つきあたりの道を右折、この少し先に「千古温泉」看板があり、そこを左折するとすぐ。駐車場と旅館は坂を下ったところにある。
地図を表示 Mapion
泉質 単純硫黄冷鉱泉
泉温 24.4
効能 切り傷、婦人病、皮膚病 など
露天風呂 無し
入浴料金 500円
営業時間 10:00−20:00
定休日 毎月20日(土、日曜日の場合は営業)
駐車場 15台