戸狩温泉

温泉の旅長野の温泉
望の湯   豪快な展望のスキー場のそばの共同浴場
戸狩温泉はまだ歴史の浅い温泉だ。戸狩スキー場のふもとに旅館や民宿、それに「望の湯」と「暁の湯」というの2つの公共浴場がある。
「望の湯」はスキー場のサンシャインゲレンデのすぐ下にあり、冬はスキ−客で混雑するが、それ以外のシ−ズンは地元の人の憩いの場となる。お風呂の他には休憩室がある。
こぢんまりとした板張りの浴場に石風呂の内風呂がある。大きさは12、3人が入れるぐらい。お湯は透明な単純泉で温度は適温。
露天風呂は屋根がついた岩風呂。この男性用の露天風呂には目隠し用の囲いがないため、周囲の建物や田んぼからは入浴している姿がまる見えとなる。そのかわり正面には田園地帯が広がり、その向こうに堂々とした高井富士が見渡せるという、すばらしい眺めが見られる。もちろん冬には雪見風呂となる。
もうひとつの共同浴場「暁の湯」にも内風呂と露天風呂がある。
周辺の観光情報 戸狩観光協会 戸狩温泉事業協同組合 戸狩温泉スキー場
住所 長野県飯山市豊田7033―3 交通
TEL 0269−65−2629 上信越自動車道豊田飯山ICから国道117号線に入り、飯山市街を抜け、看板に従って戸狩スキー場方面へ向かう。スキー場の周辺にはゲレンデの案内とともに「望の湯」と「暁の湯」への標識があり、それに従って進む。
地図を表示
泉質 アルカリ性単純泉
泉温 31.2 PH8.9
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 有り
入浴料金 400円
営業時間 10:00−22:00
定休日 毎週火曜日午前中
駐車場 40台