名栗温泉

温泉の旅埼玉の温泉
名栗温泉 さわらびの湯   湖の下にあるとってもウッディーな温泉施設
埼玉県飯能市の名栗地区は東京近郊にもかかわらず、いまでも林業がさかんでな場所である。「さわらびの湯」は名栗湖のすぐ下の体験交流センターにある日帰り温泉施設で、建物の外も内部も木材をふんだんに使用している。屋根の中央には塔のようなものがついた独特の外観が特徴だ。
館内のフロアは地元の西川材を使ったというフローリング。大きな窓からは森の緑がよく見える。湯上がりの休憩している人を見ると先にここで休憩したくなる。
浴場も木材を使ったは板張り。内風呂は石風呂で20人以上は入れる大きさがあり、湯船には泡風呂とジェットバスがついている。
お湯は無色透明でサラサラした感じの肌ざわりで、温度は適温になっている。窓からは緑の谷間の風景が眺められる。他には、うたせ湯とサウナ、かぶり湯(水)もある。
露天スペースはウッドデッキになっていて、小さなジャクジーがある。ここにはサウナや内風呂から出てきた人たちが、かわるがわる涼みにやってくる。ここからも谷間の緑が気持ちよく眺めることができる。
お風呂の他にはラウンジや休憩室などがあるが、レストランは無い。そのかわり持ち込み自由となっている。

名栗湖
1986年に完成した有間ダム(ロックフィルダム)によってできた人造湖。湖畔にはカヌー工房や直売所などがあり、湖を一周するハイキングコースもある。また湖の上流、有間渓谷では釣りも楽しめる。

周辺の観光情報 名栗観光協会 飯能市 飯能市の天気予報
住所 埼玉県飯能市下名栗682−2 交通
TEL 042−979−1212 圏央道日高狭山ICから国道299号線を経由して飯能市内に向かう、飯能から県道70号線を秩父方面に向かい、しばらく走ると有間ダムの標識のある信号(さわらびの湯の小さな看板もある)を左折する。坂を少し登ると左側に入口があり、一番奥の建物が「さわらびの湯」。
地図を表示 Mapion
泉質 アルカリ性単純泉
泉温 16.5 PH9.11
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 有り
入浴料金 800円
営業時間 10:00−18:00
GW・夏休み・紅葉シーズンは19:00まで営業
定休日 第1水曜日
駐車場 120台