温泉の旅伊豆・静岡の温泉

大川温泉

磯の湯   素朴さが持ち味の露天風呂
大川温泉は熱川、稲取などの大きな温泉をかかえる東伊豆温泉郷の入口にある小さな温泉だ。国道沿いに「大川温泉」という大きい看板があるが、まわりには、あまり宿が見あたらず、あまり温泉地という感じはしない。
この大川温泉でもっとも有名なのは小さな漁港のとなりにある露天風呂の「磯の湯」かもしれない。
訪れた時は受付の人は不在で料金を置いて湯に浸かっていると、「入浴券ここに置いときますね〜。」とか「湯加減はどうですか〜。海に近い方が少しぬるくなってますから」とおばさんが気軽に声をかけてくれる。
磯の湯は温泉ファンには人気の露天風呂で休日などは混雑するが、平日には小さな漁師町の素朴な共同浴場という、このお風呂の本来の風情を味わえる。
お風呂は男女別に露天風呂があるだけだ。
湯船の大きさは6〜7人入れる大きさ。お湯は無色透明で少し塩辛い。温度は少し熱めだが、おばさんのいうとおり、海側に行くと適温になってくる。
湯船の横にはケイ酸が70.4%と多いことや体がよく暖まるお湯であることが書かれている。
湯船の中でお湯につかると残念ながら直接、海は見えない。
湯船の中からは見えなくても、涼みがてら柵のところまでいけば、大きな石がゴロゴロした海岸線と青い相模灘の景色を堪能できる。
周辺の観光情報 東伊豆町観光協会 大川温泉の天気予報
住所 静岡県賀茂郡東伊豆町大川 交通
TEL 0557−22−0248 小田原厚木道路・西湘バイパス石橋ICから真鶴道路を経由し、国道135号線を下田方面へ、伊豆高原を過ぎてしばらく走ると大川温泉。大川温泉の標識を右折し、「磯の湯」の標識に従って進むと駐車場。露天風呂は道路の反対側。
伊豆急伊豆大川駅から徒歩7分。
地図を表示
泉質 ナトリウム塩化物硫酸塩泉
泉温 42
効能 神経痛、五十肩、冷え性 など
露天風呂 有り
入浴料金 500円
営業時間 12:00−18:00(平日)
12:00−20:00(土休日・7〜8月)
定休日 無休
駐車場 15台