温泉の旅栃木の温泉

上栗山温泉

開運の湯   村の人達の暖かさがうれしい共同浴場
温泉というと観光客の誘致に大きな武器になるということで、村や町などが掘削し、近代的な温泉施設を建てているところも少なくない。
2006年3月に合併により、日光市となった旧栗山村は村内全戸への引湯を目標に、住民の健康増進のために温泉を作っていた村だ。
「開運の湯」は2000年の10月に上栗山地区にオープンした新しい共同浴場である。それ以前は小さな村民専用の共同浴場があったそうだ。
最初は各戸に温泉を引く話もあったそうだが、ここのお湯は鉄分が多いということで温泉を家に引くと設備費用がかかるため、住民の意思で共同浴場だけにしたという。
上栗山はお年寄りが多い静かで小さな集落だ。共同浴場は集落の人達が掃除などを交替で管理しており、とてもきれな浴場である。
こぢんまりとした浴場には4.5人が入れるくらいの大きさの檜風呂がある。お湯は伊香保温泉のように茶色がかっていて、かけ流しになっている。温度は適温で体がよく暖まるお湯だ。立ち上がると窓から鬼怒川の流れも見える。
お風呂から出ると「お茶を飲んでいってください」と炬燵に呼ばれる。炬燵の上には大きなタッパーがいくつも置かれ、中には野菜や豆の煮物、山菜、漬物、肉料理など、たくさんの料理が入っていて、お茶とともに勧められる。
これらの料理は集落のおばあちゃんたちが交替で作って持ち寄り浴場に訪れる人に出しているそうだ。どれも自分達が作った地の物などを使っているそうで、とてもおいしい。お茶を飲みながら昔の話などを聞いていると、「もっと食べて」と天ぷらなど炬燵の上に置ききれなかった料理がどんどん出てくる。
ここはお湯のおかげで体も暖かくなり、村の人達のもてなしで心も暖かくなることができる浴場である。
(周辺の観光)
蛇王の滝
鬼怒川に流れ落ちる高さ30mほどの滝で、紅葉の名所ともなっている。
周辺の観光情報 湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会 日光観光協会
日光市上栗山の天気予報
住所 栃木県日光市上栗山179−31 交通
TEL 0288−97−1952 東北自動車道から日光宇都宮道路に入り今市ICから国道121号線で鬼怒川方面に向かう。鬼怒川、竜王峡を過ぎ川治温泉の手前で、左折し、県道152号線を川俣方面へ向かう。しばらく走ると開運の湯の看板があるので左折、橋を渡り、看板に従って進む。
地図を表示 Mapion
泉質 ナトリウム塩化物硫酸塩炭酸水素塩泉
泉温 50.2 PH7.24
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 無し
入浴料金 500円
営業時間 9:00−17:00
定休日
駐車場 10台