温泉の旅栃木の温泉

那須湯本温泉

雲海閣   鄙びた雰囲気に白濁のお湯
那須湯本温泉の街を歩いていると両側に並ぶ旅館からだろうか硫黄の臭いがただよってくる。ほとんどの旅館は近代的なただづまいになっているが昔の面影を残しているところもある。「雲海閣」もそのひとつだ。
那須街道に面している古い木造の建物から通路らしいものが斜面の上の建物へとつながっている。宿の入口や駐車場は温泉街から急な坂を上り、この道路とはちょうど反対側となる。
現在、雲海閣は素泊まりの宿泊と日帰り入浴だけの営業である。受付は入口から少し奥に入ったところ、初めての人には女将が浴場やお湯の案内をしてくれる。
雲海閣は2つの源泉を引いている。まずは本館側にある「見晴らし風呂」。
こぢんまりとした浴場にはタイル張りの小さなお風呂がある。お湯は明礬泉で少し白濁し、湯の花もあり掛け流しになっている。
ここのお湯は遠く大丸温泉の近くからの引き湯だそうだが、時間によって温度や色が一定にならないという。この日のお湯はともかく熱かった。
お風呂の窓からは湯本の温泉街を見渡すことができる。
見晴らし湯の先から薄暗いトンネルのようなところを抜けると木造の急な階段が現れる。これが温泉街から見えていた上の建物と下の建物を結ぶ通路だ。
下の建物にあるのは小さな板張りの浴場。雲海閣ご自慢のお風呂である。
鹿の湯」と同じ源泉を引き、酸性が強いお湯のため釘を使わない湯船にすのこ状の床、熱めとぬるめの2つの浴槽に鄙びた雰囲気とまさに鹿の湯のミニ版という感じだ。
事実、鹿の湯が混んでいるとこちらに訪れるという常連さんが多いという。
湯船はどちらも3人ぐらいが入れる大きさ。お湯は白濁した酸性硫黄泉が掛け流しになっている。硫黄の臭いも強い。注ぎ口は木の栓を利用した独特のものである。
熱めの湯船のお湯はかなり熱く入る人はあまりいないようで、那須独特の頭への掛け湯に使う人が多いそうだ。浴場の隅には湯もみ板も置かれている。もうひとつの湯船はぬるめといっても温度は適温でほとんどの人がこちらへと浸かっている。
入浴の他に別料金で個室での休憩もできる。
訪れたのは10月。標高が高い那須。部屋にはすでにコタツも置かれている。
那須湯本
温泉ガイド
鹿の湯 立花屋はなやホテル 小鹿の湯
周辺の観光情報 那須観光協会 那須高原観光バーチャルツアーズ
那須温泉の宿泊 那須ロープウェイ 南ヶ丘牧場
りんどう湖ファミリー牧場 那須ハイランドパーク ニキ美術館
那須サファリパーク 那須町の天気予報
住所 栃木県那須郡那須町大字湯本33 交通
TEL 0287−76−2016 (自動車)
東北自動車道那須ICから県道で那須湯本に向かう。温泉街を過ぎ温泉神社の手前を左折。坂を上り松川屋那須高原ホテルの先を左折して少し下ったところにある。
(鉄道・バス)
東北新幹線那須塩原駅・JR黒磯駅から東野交通バス
地図を表示 Mapion
泉質
泉温
単純硫黄泉(硫化水素型)
  65.4 PH4.1
含硫黄カルシウム硫酸塩塩化物泉(酸性硫黄泉)
  68.4 PH2.5
効能 皮膚病、神経痛、リュウマチ など
露天風呂 無し
宿泊料金 (素泊まり)4500円〜
入浴料金 400円
営業時間 8:00−21:00
定休日 無休
駐車場 10台