裂石温泉 温泉の旅山梨の温泉
雲峰荘   石屋根がシンボルの露天風呂
中里介山の小説で有名な大菩薩峠。その登山口にある裂石温泉の雲峰荘は、石の屋根がある露天風呂があることで有名な人気の秘湯の宿である。
温泉には1200年前に高僧が業をしている時に、落雷があり石が裂けて湧出したという伝説があり、雲峰寺の敷地内にあることから雲峰寺の裏湯とも呼ばれている。
この宿の日帰り入浴は内風呂か露天風呂どちらかを選択することになっている。露天風呂は宿の建物から川を渡った反対側の離れにある。
名物の露天風呂は2つの湯船に別れている。上の湯船には塩山御影石の屋根がついており、いわばこの宿のシンボルといえる存在だ。
露天風呂は混浴で夜7時〜9時までは女性専用時間となる。露天風呂からはすぐ脇を流れる渓流を見ることもできる。また湯に浸かりながら見る紅葉も美しい。
下の大きい方の湯船は10人ぐらいが入れる大きさ。お湯は少し白濁した感じで湯の花も浮いている。温度は適温で掛け流し。湯船の横には小さな洗い場もある。
上の湯船は大きな石の屋根のせいで中はちょっと薄くらく独特の雰囲気だ。6人ぐらいが入れる大きさでお湯は熱めになっている。
この他に花崗岩の岩盤を利用した内風呂と宿泊者専用の貸切風呂もある。また、ここの温泉水は「雲峰の霊泉」としてペットボトルに入れられ販売もされている。
天平17年(745年)に行基が開いたとされる裂石山雲峰寺。
行基が修行している時に落雷があり石が裂けて十一面観音が出現した。その観音様の像を木に刻んで開山したと云う。その後、武田家の武運長久の祈願所となった。今も宝物殿には「風林火山」の旗や「日の丸の御旗」などが展示されている。また、本堂、庫裏、書院、仁王門などは国の重要文化財。本堂の前には「峰のサクラ」と呼ばれる樹齢700年の桜もある。
周辺の観光情報 大菩薩観光協会 えんざん観光協会 甲州市
甲州市の天気予報
住所 山梨県甲州市上萩原2715−23 交通
TEL 0553−32−3818 中央自動車道勝沼ICから塩山方面へ、JRのガードをくぐり奥多摩方面に国道411号をしばらく走る。大菩薩峠登山口の少し先、右側。
地図を表示
HP http://www.unpousou.co.jp/
泉質 アルカリ性単純泉
泉温 26.6 PH9.90
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛 など
露天風呂 有り
宿泊料金 9000円〜 シーズン・料理などにより異なります
入浴料金 500円(内風呂か露天風呂どちらか)
営業時間 9:00−13:00
定休日 無休
駐車場 15台
裂石温泉 雲峰荘 by 温泉の旅