花子と田舎暮らし2005年年末



花子も、もうすぐ9歳・・お婆ちゃんなのだ、  この2年でよく吠える様になった。 昔はとても無口・・・室内で吠えた事は殆ど皆無・・・子犬の頃私と遊んでいるときたまに 「 ワン!!」 しかしかみさんがすかさず 「 うるさいよ 」の一言    最近はその一言を言わなくなった。   つまり花子はかみさんに遠慮して吠えなかったことになる。  



八月以来旅行に行っていない、原因は仕事がそれなりに有るから、サラーリーマン止めて判った事、仕事が有れば休み無く働く、  その裏心理、何時でも休める? ・・「 仕事は有るうちに働かないとね 」・・なんちゃって

石川にいながら石川での仕事はしていない、 ・・・・結局関東方面の仕事・・・・都会に逆戻り・・・住まいは田舎、仕事は都会・・・これって理想的・・・

月の半分は関東・・花子ににとっては辛い日々・・・っと思っているのは私だけかも・・・


話は変るが社長とは何者・・・もちろん昔勤めた大手企業H社では社長の顔などは見たことは無い・・・ここでは中小の話・・・「 うちの社員は愛社精神が無い 」・・・当たり前そうな言葉であるが変な言葉でもある??・・・誰もが生きるために働くこれ基本・・・愛社精神が先行している分けではない・・・

社長自身は愛社精神が無い社員いると感じるのは己の力量の無さ、自らその環境を作っていない事を意味するのだ。 つまり50人の社員がいたとして、その全員が愛社精神が無いとなれば・・・社長の無策、その結果会社に魅力が無いのだ 社員は「 仕方ない適当に働くか、機会が有れば辞めよう 」  てな具合 愛社精神を連発する社長が運営する会社・・・辞めた方が良いかも・・・

もっと突っ込んで考えれば会社の不具合を社員の愛社精神の欠如に転換しているのだ。つまり自身の反省はない、であるからして会社は延びないかも・・・  なんちゃって

この事はワンちゃんとお付き合いする我々にも言えるのだ。すなわち、社長は人間、社員はワンちゃん・・・・「 うちの犬は私を愛してくれない・・・言う事聞かないのよね〜 」やっぱ変な関係となるのだ。  

これとは反対に 社員とは何者・・・ある中小に優秀そうな社員が入社・・これが仕事が出来る・・中小と言えども技術職は必要なのだ・・・学校でソフトを含め色んな勉強もしてきた。  小さい会社ライバルはいない、会社にとってこれまた必要不可欠そうな、半端な知識を持っている人間に成長するのだ。????

この半端な成長により、社員はふと思うのだ。 「 俺様は優秀・・! 誰にも負けない! 粗末に扱うなよ!!! 」   優秀そうな社員であるからして会社も手放せない? 当然腫れ物を扱う様に社長や周りの社員は気を使う・・ハハッ!・・??・・・ ここで可愛そうにもこの社員の成長は止まる・・?・・・何せ俺様なのだ。 小さい会社の中では怖いもの無し・・・まさに井の中の蛙大海を知らずの例え・・世の中には色んな凄腕人間が存在する事も知らない、・・・・・なんちゃって

これまたワンちゃんとお付き合いする我々にも言えるのだ。 当然社長や周りの社員は人間、社員はワンちゃん、 「 俺様に命令するな!!」 「 ガオガオ 」 「 ガブ!!」 
愛社精神を連発する自信の無い社長・・・・・・自信過剰の 「 俺様は! 」と思う社員・・・この様な状況は何処の企業にころがっているありふれた出来事なのです。・・・何れも心理は単純、しかして解決するのは難しい、 何れも会社内部の力量不足、当然内部の誰かがリーダーたるものの何かを示さないといけないのだ。 と言っても机上の空論現実には・・・・・・出来ませ〜ん・・♪・・・ なんちゃって

人間ワンちゃんとの関係は人間社会の一寸した上下関係にとてもよく似ている。・・・ワンちゃん中小企業なのだ・・・・であるからして当然人間たるものリーダーたる役目果たす義務があるのです。 出来なければ ワンちゃんに馬鹿社長呼ばわりされる事必然・・・もしかしたら俺様ワンちゃんに成長するかも?気の毒に   強いリーダシップを発揮する社長がいてこそ社員は安心出来る。  自分の保身のみを優先する馬鹿社長だと社員はとても不安  ワンちゃんと付き合う場合人間にはこれと同じ事が言えるのだ。・・・・多分・・・自信はないが




張り付き花子・・仕事机の下で安眠中・・・ストーカ行為が益々ひどくなる。 トイレから始まって全てついて回る。目の届く範囲にいないと気に入らないのだ。 唯一離れる時??・おやつのパンをもらう時・・・つまり食べ物に弱いのだ。ドックフード以外の 2005年もこうして終わりを迎えるのだ。 


今度の花子との旅は冬の東北旅行野宿が良いを計画したい 、一寸無茶かも・・



12月・・・・今年は例年になく無茶苦茶雪が多い・・・  寒波襲来  雪国に住むと地球温暖化が進んでいる事が良く分かる。 北陸は10年以上前から雨国なのだ CO2により熱が逃げない。 そのうち雨も降らなくなるかも??? 

私も含め全ての人間は自然破壊・・っと言うか自然環境を変えていると言える。 

人間は自然が生んだ一動物にすぎない、・・っとすれば人間自ら自然破壊、言い換えれば、自然環境を変える行為は自然が生んだ一動物は行っているからして自然現象なのだ。

例えその行為により、動物全てが滅んだとしても 数百億 数千億年後何れのうちに自然は再生し生物が生まれる。地球の歴史から見ればほんの一瞬の出来事なのです。   人間が自ら自然環境を変え滅ぶ事 環境を変えるのを止め生き残る事、どちらの道を選んだとしてもそれは自然現象なのだ。


去年も今年も花子と山に行っていない・・花子が歳のせいもあるがそれだけでは無いのだ。犬連登山は環境破壊につながると批難されてる。ゆえに足が遠のくのだ。

思うに犬連登山は?環境破壊と犬連のモラル破壊が一緒のレベルで考えられている様な気がする。すなわち、環境破壊を理由に、犬連のモラル破壊を取り締まる。・・・・・多分?・・・人糞は良い 犬糞は悪、理由寄生虫がいるから等々・・

禁止理由 例
@病原菌など自然生物への悪影響、野生動物・野鳥等に雑菌感染等で生態系を崩している。
Aペットが立ち入り禁止区域内に入って踏み荒らしをしたり、植物を傷つけている
B自然環境の維持を図るため 、ペットを持ち込むことで、生きもの同士のつながりが壊れてしまう
Cペットの糞尿等で動植物等に影響を与えます。

最近ネットの迷惑メールは数はもの凄いのだ。消去が大変、間違って必要なメールも消去する場合もあるのだ。
迷惑メール、例えは以下の様なもの、この手もメールを含め山の様に来る。

「貴方様は当クラブにおいて優良者であると認証されました。また、当会員女性【777】より指名がありました。『・・・長期の関係になってくれますか?月給50ならこのアドレスに・・・』簡単なプロフィールを載せます。33歳、年収1250万円以上 ダイエット品販売店経営(東京、大阪・・・全6社)
何も登録していなにのに優良者であると認証されるのだ。・優良者の基準は??・・しかも相手は高収入・・顔を見たことも無い人を指名する。・・・この手のメールを送る人間、金儲けの為なら手段を選ばない・・・・詐欺スレスレで法の目をくぐり抜ける?・・・あるいは見つかればトンズラタイプの詐欺師かも・・・金に異様な執着心有る人間のモラル、・・・モラルなんてありませ〜ん♪・・しかもネット配信は手軽、やったね♪ ゆえにこの手の金の亡者が次から次と湧き出して来るのだ。 ひっかかると偉い目に・・・死の淵まで案内され生きながら地獄巡りが出来るかも

世の中にはこの様に、自分の欲望を満たす為、色んなモラルが破壊された人間がいる。 詐欺師と犬連登山者を一緒にすると怒られるかもしれないがそれは程度問題、   水場に糞を放置する馬鹿飼い主・・ 詐欺師同様、脳内部の一部モラルが破壊されていると言える。であるからして犬連登山を禁止する。 止むをえないかも・・・・・しかしながらモラル破壊を取り締まる行為・・・・環境破壊を理由にするとするなら一寸寂しい・・・ある意味お役所仕事となる場合がある。・・・・「 禁止にしよう 」 「 賛成!! 」 何せ犬連登山は 「 百害あって一利無し! 」 これ常識・・・犬連登山禁止協議会で賛成に異論を唱える人などいないのだ。・・・もし異論を唱えれば?推して知るべしの結果 「 君! 環境って何か知ってるの? 反対する理由は? 」 変人扱いかも

モラル破壊の馬鹿犬連登山者がいる限り、例え環境破壊を起こしていないといくら主張しても、そんな事は証明出来ない、「 何で犬が環境破壊していないと言えるの? これ以上犬も参加して山を壊さないで欲しい 」  反論不可の名文句、逆らう事は出来ないのだ。  ゆえに環境破壊を理由にモラル破壊を取り締まられる。・・反対者のいない犬連登山禁止協議会、次から次に禁止地区を増やしていく、・・・ これ必然的なのです。  

犬連登山者の方に、糞は持ち帰りましょう・・当然ですよね、散歩でも持ち帰るのですから、  アメリカでは実行されているか否かは別として、人糞は埋め、紙は持ち帰る・・・・だそうです。  日本はアメリカとは違うから・・・人間は特別扱い 「 人糞は無害だもの ♪ 肥料にだって使えるし、紙だって大丈夫、元はパルプから出来ているんだよ、知らなかったの? 」    

NHK中高年の登山でも紙も持ち帰る必要は無いと放映してたのですよ、 「 何か変??」  変な事は深く考えない事です。 何せ非力な我々、どうする事も出来ないのだ。  他人は他人、自分は自分、良識ある人間なら簡単に実行出来ることは実効しなければならない、・・・・犬連登山者が認めてもらえる唯一の手段、それは愛犬共々礼儀正しくマナーを守る。 それしか無いのです  人間が登っても環境破壊は進むのだ。であるからして犬は大丈夫、そんな分けの判らない理論、絶対に通るはずがありません、

いっぺん言うて見たかった事。
特定業者の観光収入を増やす為自然環境を守る。 その結果、うわべがきれいになればOKになりかねない・・山の糞尿は誰が何処で処理をするの?・・・・・もし本当に環境が大事であるなら大金をかけてでも必要な処理を  ・・・・・  自然環境を守る為マイカー乗り入れ禁止、・・・しかるにタクシーバスを利用、・・・・・ゆえにその地区の特定業者の金儲けのお手伝い???・・そんな場所、日本の何処かに存在しそうな?・・ 言い過ぎかも知れない・・・・・ しかし環境破壊をくい止めるのはとても大事なのだ。ゆえにその行為はある程度純粋でなくてはいけない・・・・っと思う・・・つまらない一言・・しかし人間は大義名分が成り立てばヒマラヤだってゴミの山にするのだ。  

かく言う私も車でCO2を撒き散らす環境破壊者である。その大義名分は・・? 「 皆がしているから おいら一人が努力しても 」 面目無いやっぱ車が無いと生きて行けないもので 偉そうな発言申し訳ない




何はともあれ今年もあとわずか、 雪を相手に大喜び・・・はしない ・雪は歩きにくい・・・あまり好きではないのだ。・・・雪が深いと歩くのは大変、バイクを保管している車庫に行くにも一苦労、しかし花子は律義にもついて来るのだ。しかしバイクエンジン音は嫌い、結局玄関前で私を待つ事となるのだ。  ・・・「 家の中でにいれば良いのに 」 ご苦労様です。

今年は仕事の関係で春の山菜を採りは行けなかったのだ。来年こそ、山好き花子と一緒に行く事にしよう、来年の話をすると鬼が笑う・・・・まっ予定は未定と言う事で・・・



花子と田舎暮らし 

愛犬と旅 花子と珍道中