クィーンシャーロット諸島 Day1(7/23)

ミチオの島

森に消え逝くトーテムポールに会いに

Moresby Island - South

「ミチオは本当に、本当に素晴らしい男だったよ」

モレスビー・エクスプロラーズのガイドを勤めるビルのセリフ。 ビルは、オーストラリアやNZでもシーカヤックやダイビング のガイドの勤めた経験をもつ陽気なタフガイだ。 ガイドは夏場のパートタイムジョブで、 フルタイムはコーストガード。

海上を疾走するゾデアックボートのハンドルを握って、僕らと カヤックを旅の出発点、HotSprings島に運んでくれる。

写真家の故星野道夫さんが93年の5月に、初めて森へ還る トーテムポールに会いに行った時に、案内したのもビルだったのだ。

なんという偶然だろう。。。

僕がクィーン・シャーロットに初めて触れたのは 星野道夫のエッセイ集、「旅をする木」の 「トーテムポールを探して」の文章だ。

まるで幻想的な御伽噺のような世界に迷い込み、 時を忘れて恍惚となってしまったのを、 今でも鮮明に覚えている。

その文章の世界と同じ時間をビルは共有した。 荒れる海を越えて、トーテムポールのあるアンソニー島 まで、ミチオを導いたのである。

1981年にUNESCOの世界遺産に指定された森に飲み込まれ 朽ち果てていくトーテムポール達。 彼らは、クィーンシャーロット諸島の南島、 モレスビー島の南西にある小さな小さなアンソニー島 で放置され朽ち果てながら、静かに僕らを待っている。

それはカナダ西海岸の中で最も素晴らしい場所、 そう、先住民のハイダ族の大いなる遺産だ。

ブリティッシュ・コロンビア州クイーンシャーロット諸島。 先住民族であるハイダ族が、「Haida Gwaii」と呼ぶ大小約 150の島々からなるこのクイーンシャーロット諸島は、 B.C.の州都バンクーバーから約750kmも北西にある。

南東アラスカの国境からわずか70km、北緯52度から 54度にかけて位置する鋭い逆三角形の形をした離島だ。

北島のグラハム島と南島のモレスビー島に大きく2分され、 人口6,000人の多くが、北島のグラハム島に集まっている。

一方、南島のモレスビー島の南部2/3はグワイ・ハーナス 国立公園として保護されていて、交通手段は海か空のみ。

今回の旅の目的地は、グワイ・ハーナス国立公園の南西 にある、小さな小さなアンソニー島の無人の廃村だ。

世界遺産にも指定されているアンソニー島の森に消え行く トーテムポールに、どうしても、カヤックを漕いで会い行きた かった。そう、何度も星野さんが取材に訪れた聖なる場所へ 人力で行きたかったのだ。

完全な自己満足でしかないが、とっておきの場所には、 すんなり到達してしまってはいけないような気がする。

そこに存在するものは、変わらない。 でも、そこに存在するものとの出会いの重さが、 僕の中で感じる輝きが、ぜんぜん違ったものになるのだ。

一番の調味料が空腹であることと同じように、 到達する過程が意味を持つのだと思う。

ゾデアックボートのツアーで4時間かけて アプローチすることはもちろん可能だ。 でも、その時間は僕にとっては短すぎる。 体を酷使した人力旅でいろんな出来事を体験しながら、 時間をかけて辿り着きたかった。

出会いを意味あるものにするために、今回とれた 休暇期間をフルに使って到達するように計画を組んだ。 スタートはモレズビー島の北から1/3のところにある Hot springs島。ゴールのアンソニー島は最短で80km。 内海の狭いバーナビーナローズを抜けて 遠回りする今回のルートでは ピックアップポイントにもどったり散策することを考えると、 120kmを超えるだろう。 それをトランスポートの2日を除いた実質6日間で漕ぎ切る 計画だ。アプローチもいれるとそれでも11日間の休みが 必要となった。

モレズビー島の旅へのトランスポートの起点となる モレスビーキャンプからほぼ静水の海面をひた走り、 およそ2時間で、今回の旅の出発点のHot Springs島 に到着した。

Hot Springs島のウオッチマンサイトに、ドロップオフに 立ち寄ろうとビルが無線連絡したところ、サマーキャンプの 子どもたち45人が温泉を襲撃していて、蜂の巣を つついたようになっているとの返事。

「テントを設営してのんびりしてから、  ゆっくり浸かりにいけば?」

とのウオッチマンとビルのオススメに素直にしたがって、 Hot Springs島の南、2km程に浮かぶRamsay島の北浜に ドロップオフしてもらう。

さらに南下したポイントへ、別のパーティをドロップオフ しに、ビルがエンジンの唸りを残して去って行った。

まったく人工物のない世界、人工の音のない何千年前 と変わらない光景が目の前にひろがっていた。

さーていよいよ、シーカヤックの旅の始まりだ。 本日の黄金計画では、温泉に浸かってマッタリしてから、 東に8kmほど移動したところにある島に渡る予定だった。

そこは、西伊豆コースタルカヤックスの村田番長からの 「極秘情報その1」ウニウニ島で、そこでウニ丼を 食いまくる予定だったが、まあ、臨機応変(なすがまま?) がオイラの旅のスタイルだ。

温泉が静かになるまで、テントを設営し、カヤックで付近を 偵察することにした。もちろん、もちろんウニの調査。 ダブル艇で今回の旅の相棒Ryuと、海中を探索しながら パドリング。テントサイトの周辺にはあいにくウニは 見当たらなかった。うーむ。残念。

その時、前方にハンドボール大の物体が浮いているの が見えた。近寄るとなんと、巨大な巨大なムラサキウニ。 ウェルカム・フルーツならぬ、ウェルカム・シーオーチン (ウニ)ではないか!

浮かぶウニなんて聞いたことがないが、なんという幸運。 しかも、その巨大さは驚愕ものだ。反則だ。 おまけにウニウニうごめいている。 網でズバヤクすくって上陸したビーチに戻る。

二つにわって、大きなプリプリした卵を山葵醤油でパクリ。

「ウメー」

はやくも、配給制のビールのプルトップが抜かれてしまう。

「ぷふぁ〜、やったー!!!!」

出発前の雨模様は吹き飛んで快晴。 青い空、青い海。そして僕らの満面の笑み。

とうとう来た。やってきた。クィーンシャーロットに来たいと 考えてから、はや10年。とうとう長年の夢がかなった。 今回のクィーンシャーロットへの旅はいろんな出来事が 重なって実現した。 早春に南の海で友人の本郷雅則が行方を絶ってしまった。 そして、初夏に新しい命、次女の誕生。 本来なら、家族を置いての旅など、もっての他の状況だろう。 でも、なぜか、せいちゃんからOKが出た。

最初は、一人旅でユーコン川の下っていない区間を つなごうと漠然と考えていた。 でも、こんなチャンスはめったにない。すると、長年暖めていた クィーンシャーロット諸島をめぐる旅が浮かんできた。

昨年カナダ・バンクーバー島のクラコットサウンドを一緒に 旅したChiggyが、忙しいこの時期に、休みをとって同行できる という知らせ。

「どちらに行きたいかといえば、クィーンシャーロット諸島かな」

という彼女のメッセージが降りて来た。

自分の心の声に正直に問いかける。 オレはどこに行きたいのかと。 答えは出ていた。 そう、クィーンシャーロットしか選択肢はなかった。

前述した写真家の星野氏がカムチャッカ半島で グリズリーに襲われ亡くなられた1996年の夏は、 僕が初めてユーコン川をカヤックで旅した夏だ。

帰りに立ち寄ったバンクーバーのシーカヤックショップ「エコマリン」。 そこで、アンソニー島のトーテムポールに シーカヤックで漕ぎよる写真を見て衝撃を受けた。 クィーンシャーロットの地図をその場で購入して、 ガイドもやる店員のアンちゃんに、いろんな情報を もらって地図に書き込んだ。 あれ以来、10年もの間、ずっと頭の隅で行きたいと 思い続けてきた「約束の地」だったのだ。

しかし、行程が長いためにドロップオフやピックアップ などのトランスポート手段が必要なこと、まとまった日数を必要とすること、 ライセンスの取得などが煩雑なこと、 そして、他のフィールドに比べて費用が高くなってしまう ことなどを、口実にして、片思いを続けてきてしまった。

春に西表島の海に消えた本郷雅則が其処に行きたがって いたことを思い出した。 クィーンシャーロットは、消息を絶った本郷とペアを組んで 日本完全縦断シーカヤック旅を成功させた村田泰裕が 単独1周を成功させた場所でもある。

せいちゃんの友人、三澤氏が僕を彼らに導びいてくれた。 やることなすこと世界が広がる熱い熱い年頃に、 4人で結成した「えびがに団」は僕のシーカヤックシーンの ベースとなっている。なにか、運命のつながりを感じた。

旅のきっかけは、偶然と勢いだ。このチャンスを逃す手はない。 その時、その瞬間しか、その旅をやることはできないのだから。

バンクーバー在住のシーカヤッカー、Chiggyは7年間も ガイド関係の仕事に従事し、日本人のシーカヤック旅の ガイドとしてブリティッシュ・コロンビア(BC)州の 様々なフィールドでパドルを握ってきた。 カヤックだけでなく、テレマークスキーやクライミングもこなす アウトドアズ・ウーマンでもある。彼女は大阪出身だが、根底に 流れる磐梯山のたおやかで優しい血は、いっしょにいる人 の心を思わず和やかにしてくれる。 和み系?の不思議な女性で隠れファンも多い。 そんなChiggyが、

「仕事に振り回されるために、カナダにいるんじゃない  って気づいたの」

「たいちょうからの誘いは、良いきかっけだったのよ」

彼女が、初めてカナダを旅した時から胸に存在していた クィーンシャーロットの存在。 彼の地への想いは、それはオイラのソレより強いかもしれない。

シーカヤッカーの聖地、そしてブリティッシュコロンビア州 の人々の行きたい場所No1でもあるクィーンシャーロット 諸島への旅に向けて、一気にヒートアップし 盛り上がるオイラとChiggy。

行く先が決定するまえに、友人たちに、北米の水の旅の どこかでジョイントしたりクロスできないかというメールを 投げかけていた。

川彦の彼らの脳裏には「ユーコン川」のメジャーネーム はあっても、この降って沸いた「クィーンシャーロット諸島」 なるものは、???なんですかソレ? という感じだったろう。 海というフィールドも経験が少なければ二の足を踏む のも頷ける。

しかし、そんなハナシに、乗ってきた男がいる。 山スキーヤーのRyuだ。

江戸の下町、大井町に生を受けた江戸っ子は、 オイラと同じく典型的な「楽しむ人」。 クィーンシャーロット諸島?

なんやそれと聞いたこともない土地への旅に、 元気に参加表明をしてきたのだ。 しかも、海には数時間しか浮かんだ経験はなく 船酔いは必ずするというのに。

「いや、勢いですよ。なんか面白そうな気がしたし。。。」

旅の要は、勢いとタイミングだ。そして決断する勇気。 それがそろえば、会心の旅がかならずできる。

今回の旅の道連れは、 ふたりとも体力や人柄は申し分ないパートナーだ。

北米の旅は、おもいっきり自由にやれることが醍醐味だろう。 それには単独行が一番だ。何人かで旅していると最初の 数日はいいが、そのうち、うるさく感じてしまうことが多い。

しかし、今回の旅はまったくそんな気持ちにならなかった。 自由に振舞い、ソロで出撃していく僕を信頼して二人が ほっておいてくれたからだ。

共同作業も、各自がやるべきことをやり、また、ちょっと ヘルプがほしいなと感じた時には、自然と助けが入った。 以心伝心の仲間。おそらくこの旅の素晴らしさと共通体験が、 僕らを強く結びつけたのだろう。 日本にもどった今も、クィーンシャーロットの旅は物語の中 に迷い込んだような不思議な余韻がずっと続いている。

だから、撮影した写真や動画をみても全然ピンとこない。 Liveでないと、あの日あの時あの場所でないと、 あの感動や興奮は、絶対に蘇らないのだ。

脱線。

にぎやかな子どもたちと入れ替わりに温泉島へ シーカヤックで漕ぎよると、可愛いハイダ族のマリアが 裸足のままで、ゆっくり3つの温泉を案内してくれた。

温泉に続く道はサラール(ベリーの1種)が鈴なりで、 熟した実を口に含みつつ歩いた。 クィーンシャーロット諸島には野生のベリーがたくさん なっているので、ビタミンCの補充はどこでも可能だ。

身体の汚れをシャワーで落としてから、温泉へ浸かった。 塩分濃度が高いため、プカプカからだが浮いてくる。 木の板につかまってラッコのようにChiggyが浮かんでいる。 ビールを飲ましたらこの人しかいないというくらいカッコが 決まるRyuが、腰に手を宛ててゴクゴクいくフリをする。

青空と青い海が広がり、サンクリストバルの山々に 西日が落ちていく。幸せのひと時。

一番大きく温めの「崖の湯」には、トドの研究者たちが 浸かっていていろいろ楽しい話をする。 中の一人は大阪に行ったことがあり、

「ローメン(らーめん)が旨い!」

と絶賛していた。大阪でらーめんすか!?

南下してSkincuttle Inletから外洋にでるところで、今、 ザトウクジラが定住してるよという嬉しい情報ももらう。 彼らと別れた後、温泉を十分堪能してウオッチマン の小屋を訪れた。

ウオッチマンとは公園内の重要なサイトに夏季の間 だけ居住している人で、施設や歴史の案内もする 現地ガイドだ。ハイダの血をついだ家族がやっている。

マリアの家族たちと楽しい交流をして、テントサイトに 戻ることにした。

ウオッチマンのマリアの一家と記念写真

HotSprings島の周辺は、乱獲のためRock Fishは禁漁区域 になっている。そこで、サーモンを狙ってChiggy&Ryuの ダブル艇と別れ、釣りツーリングに出た。

何度も投げるがあたりがぜんぜんなし。 禁漁区間を脱せばRock Fishを釣ることが可能だ。 9時をまわり西日になったRamsay島をまわりこむ。 ふと下をみると尖ったボールのようなものが海面下に 無数に存在していた。

大きい。しかも凄い数だ。

いわば一面足の踏み場もない位、巨大なウニが 張り付いている。 網を伸ばすが悲しいかな水深2mはあって全然届かない。

温泉でまったりしすぎて干潮時間を外してしまったのだ。 どうしようかと考えていたら、岸からいきなり男の人が現れた。 びっくりしたが、相手の笑顔があまりにも素敵だったので、 引き付けられるようによっていってしまった。

モレスビーエクスプローラーのシーカヤック・ツアー に参加しているお客さんのおじいさんで、明日が最終日 とのこと。南から北上してここまできたのだ。 これから南下する僕らと、反対のルートだ。

全行程8日間も、同じ。 今までも一週間毎日晴天だったらしく素晴らしい旅を 堪能したようだ。 他のメンバーにも会ってやってくれとテントサイトに案内 された。夕焼けに染まったパドラー達の顔の素敵なこと。

「ザトウクジラを5回もみたのよ!」

「ブラックベアなんか3回だよ」

60歳前後の素敵なおじいさん、おばあさんが主なメンバーだが、 そのキラキラした瞳は少年少女のそれだった。

「君たちのピックアップには僕がいくと思うよ」

とにこやかに笑うガイドは、会心のツアーを行なえた 自信に満ち溢れている。

ChiggyとRyuと分かれてだいぶん時間が経過してきた ので、名残惜しいけどお別れを告げる。

これからの旅を思って、期待に胸を膨らませ 元気にパドルを漕いだ。 しかし、海底のウニが気になってしかたがない。 本当なら、今晩はウニ丼のはずが。。。。

「ん?まてよ。」

フネにくくりつかられているのは水中メガネとフィンだ。 そうだ!潜れば良いじゃないか! ウエットはないけど、気合はあるぜ! 勢いとは恐ろしい。 切れるような冷水へダイブを繰り返し巨大なウニを6匹 しとめてハッチに投げ込み、キャンプサイトへと舞い戻った。

巨大ウニの獲物

残照の中、ウニに歓喜したRyuがメニューを変更して ご飯を炊いてくれた。

夕日の中でウニをさばく

寿司の子で酢メシにして、ウニを大量にならべる。 葱、海苔を散らして山葵醤油をタラーリ。

「うめええええええ!」

暮れ行く海に幸せの雄たけびが、こだまするのであった。