クィーンシャーロット諸島Day2(7/24)

ロストバックとラクーンの襲撃


いよいよアンソニー島への旅の始まりだ。 本日も天候はすこぶるよく海上はフラット。 まるで湖のようだ。 スプルースの上に白頭ワシがやってくる。

今日は距離を稼ぐには絶好の日和だ。 いつまでもこの好転が続くかわからない。 できるだけ貯金が欲しい僕らは、早々に Ramsay島を出立した。

カヤックで浮かんで船出しようとしたら 巨大なレッドロック蟹と目があった。 蟹漁師の異名をもつおいらは素早く網で、すくってゲット。

ウニを背負って海峡横断!

さらに、ウニウニポイントでウニを数匹ゲットしてから、 モレスビー島へ南下しつつ、Juan Perez海峡の横断開始。 2時間位漕いで、モレスビー島の Werner Ptへ到着した。 サンサン輝く日差しに、Ryuがウニを捕まえにダイブを 繰り返している。 クリークが流れ込むWerner Bayでランチタイム。 本日はウニウニ・スパゲティ。うめぇ!!!

順調なように見えるこの旅だが、実はいろいろ問題があった。 まずひとつめは、バンクバー空港での荷物を取り間違えたのだ。

僕と同じザックを、カルガリーにキャンプ旅にいく家族も 使用していたのだ。 Chiggyとの待ち合わせに遅れそうになっていた僕は 間違ったザックをピックアップして税関を通過してしまった。

「アレ、たいちょおの荷物、カルガリー行きになってるよ。  よくでてきたねー」

出あったChiggyが気づいてくれなければ、、、あわや。。。 バンクーバーへの到着が2時間近くおくれたため、 間違った荷物のタカナベさんは、カルガリーへの乗継ぎが 一本遅くなったことが幸いした。 あやまったが、全然、怒られなかった。

「トミウチさんの荷物は大丈夫。中においてありますよ」

とこちらを気遣ってくれる優しいおとうさんの言葉。 我が家の長女と同じくらいの娘さんが裸足で空港を 走りまわていた。 小柄なのにザックをひょいと背負って颯爽と去っていた お母さん。

カナディアン・ロッキーで素敵なキャンプができましたでしょうか? 本当にごめいわくおかけしました。 コレをもし目にしたりしたら、ご一報ください。

もし、荷物をもっていかれてたら、この旅は、、、 釣りも獲物もとれない旅になってしまっていました。

「でも、たいちょお、ぜんぜんちがうよ。大きさと重さが」

とRyuの冷静なコメント。よくみたらそうでした。釣り道具や スコップがはいっているのだものね。 バタバタ騒ぎのうちに、関空からのRyuも合流していたのだ。 コレがトラブルその1。

その2は、クィーンシャーロットの玄関空港、Sandspitへ 僕の手荷物が届かなかったこと。 これには理由があって、手荷物にいれていたマリンVHF Radioは カナダ国内では、機内持ち込みが禁止されていて しかたがなく搭乗時間ギリギリになって、再度荷物を預けなおしたのだ。

その便に間にあわなくても午後にもSandspitに到着する便がる。 それにはキット間にあうだろう。。。。 しかし、見事に期待は裏切られ、僕の手には、 Air Canada特製グッズの洗面キットがお詫びに残っただけだった。 ニモツはセントジョンズに飛んでいったらしい。 おまけに訳のわからない液体(日本酒)と、シャンプーできちんと 洗浄したMSRのガソリンボトルを抜かれたようだ。 (BOYすまん!)

他の旅行者も荷物をロストしている人が大勢いた。こらこら!

昨日は早朝出発のため、手荷物をピックすることができな かったのだ。マリンVHF Radioはダグからレンタルしたし、 サングラスと帽子はChiggyが余分のものを貸してくれたので、 事なきを得たが、持参したマリンVHFはNCKの村田番長から 借りた「1周時に携帯した」由緒正しいものだし、 大切な友人の写真もロストしたカバンの中だ。

だから本日、アウトフィッターのダグに僕らを探して届けて もらうようにお願いしていたのだ。 追加料金はAir Canadaが支払ってくれるので、問題なし。

しかし、まてどもまてども、ボートのエンジン音は聞こえないし、 予定の午後になっても音沙汰がない。 16時頃、バーナビーナローズの入り口のWanderer島で、 ChiggyにマリンVHFからモレスビー・エクスプローラーズのダグへ コールしてもらった。

「何、今ごろ連絡とってんだ。2艇もボートを出して探してたんだよ。  もうボートは、かえってしまった。朝になんで連絡しないんだ?  マリンVHFは貸したやつがあるのだから、 もう荷物は届けなくてもいいだろ?」

とダグの連れない返事。どうやらHotSprings島周辺で僕らを見つける ハラだったらしい。距離を稼ぐため早く出たかった僕らと入れ違ったようだ。

確かに無線があるのだから、もっと早く連絡をとればよかった。 昼前に上陸した浜は岬を回りこんだところにあって、見つけにくかったのも事実だ。

「ダグが探すっていってたし、夕方に聞いてみたらいいんじゃない?」

というChiggyに、そういうものかと「無線で連絡とろう」という言葉を何度も 飲み込んでしまった。Chiggyが悪いわけじゃなく、きちんと受け渡し方法を話して いなかったのが大きな理由だけど、自分の判断を引っ込めたことを反省した。

気をつかって、言いたいことを飲み込んだり、判断をおもねることは、 辞めよう。それはかえってこの旅をつまらなくさせることだ。 考えをいって、話し合ってきめるよう。そう考えを改めた。

しかし、本郷の写真だけは絶対に回収したい。 無理をいってこの先のRose Harbourに、3日後の水曜に届けてもらうように 主張した。ダグは水曜にピックアップかドロップオフを絶対にやるはずだ。

面識がないRose Harbourのスーザン荷物を預かってもらうことに、 常識人のChiggyは躊躇していた。 村田番長や九里さんの話からスーザンならそれくらい快くひきつけてくるに 違いないと確信していた僕は、スジをまげすChiggyにお願いする。 譲れないものは譲らない方がいいのだ。

実はこのハプニングのおかげで僕らはRoseHarbourで素敵な出来事に 出会うことになる。トラベルの語源はトラブル。 トラブルを楽しめてこそ、思い出深いストーリーとなるのだネ。

少し落ち込んでしまったchiggyを、ミスターダイジョーブコンビが慰めた。

「探したってゆうけどさ、どうせ、ついでだぜ。  そんなにやってないよ」

「そうそう」

「燃料代もかさむしさ、他の届け物もあったし、  ちょろっとみただけだよ」

「そうそう」

こういうときは自己チューでいくに限る。 予定の距離を漕ぎきってバーナビー海峡のKat島に上陸した。

島と島をつなぐ中州でキャンプ。しかしこそは、、、!

強まる風を倒木でさけながらのキャンプ。 こういう時は美味しいご飯だ。

サーモンを狙い単独航海にでたが、あたりが皆無なため、 底釣りに切り替えた。ここならというポイントでたてつづけに 3匹巨大なカサゴをゲットして漕ぎ戻る。

本日のメニューは、カサゴとウニの刺身。 蟹の酒蒸し。そしてカサゴの煮付け。 煮付けに食欲をそそられたChiggyのご飯を食べること食べること。 素敵な笑顔が戻ってきた。豊饒の海に乾杯。 焚き火で暖をとってから、テントに引き上げようとした時、 海から何か生き物が上陸してきた。

ユーモラスなうごきだが、なんだろう。 シルエットはカワウソに見える。 まあ、小さいしクマじゃないだろうとねむりについたが、

「うわー、いっぱいあがってきた。だいじょぶ〜ぅ?」

とのChiggyの声がテントの外から聞こえてきたが、

「よくわかんないけど、ダイジョーブじゃない?」

ときちんとミスター・ダイジョーブのフォローを入れているRyuの 言葉に笑いながら眠りについた。 いい仲間たちだなあ。

PS。実は夜半襲撃をうけたのはラクーン(アライグマ)たちで、 テントは彼らの餌場に張ってしまったのだ。 小さいけどクマはクマだね〜。