クィーンシャーロット諸島Day5(7/27)

スーザンの居るRose Harbour


「ハリバットを、上げたことがある? ないの。じゃあ、私がやるわ」

大きなハリバットが海底から引き上げられてくる。

「海面から出さずにギャフを打ち込むの。 水面から上にすると、とっても暴れるから」

その瞬間、ギャフがハリバットに打ち込まれ、 ボートに引き上げられた。 のた打ち回るハリバットを殴って絶滅させるスーザン。

「ごめんね」

うまくエラにロープを通せず、ボートの中はハリバットの 血の海になった。 ようやくロープを通したスーザンがハリバットを海に投げ込み 血抜きをする。気がつくと、スーザンの指も、ザックリ切れていて 血が流れていた。

スーザンは有機野菜やハーブを栽培していて、ここで自給自足の生活を している。25年もこの場所で暮らしているというスーザン。 グアイハーナス国立公園では、ウオッチマンサイトは公園がクローズすれば 無人になるが、スーザンやB&Bを運営する人々など少数の人がここ, Rose Harbourで生活している。

スーザンの住んでいる可愛らしいコテージにもどって、ハリバットをおすそ分け してもらった。

「刺身でしょ?もちろん」

スーザンの笑顔。 大きくうなずいた。やばい。ヨダレがでそうだ。 小屋の外で、刺身を魚に、Ryuとビールで乾杯。 くう〜、漁からもどった後の酒は旨いね!

小雨があがり、日が差してきた。 なんて濃密な午前だったのだろう。

今日は、2つの難所を越えてきたのだ。しかも逆風に逆らって。 大変だけど、潮が押してくれたのが幸いして、予定通り午前中に Houston Stewart Channelに入り、Rose Harbourに到着したのだ。

Rose Harbourは、1910年から 1946年まで日本の捕鯨基地だった 場所で、多いときには100名以上の労働者がここに住んでいたという。 腐食した鉄材が散乱する海岸から上陸すれば、 巨大なボイラーの名残りがあって、不思議な感じがする。

コテージや二階建ての建物のある海岸に カヤックをむけると、コテージらカヤックを担いで降りてくる女性が見えた。 漕ぎよっていくと、印象的な顔が僕に気づいて目を上げた。 深い目。高い鼻。そして自然に刻まれた皺。だけど、人をぐっとひきつける ものをもった女性。それがスーザンだった。

「こんにちは? あなた、スーザン?  ヤスヒロ(村田番長のこと)覚えてる?   僕は、彼の友人なんだ!」

「ヤスヒロ?もちろん!!!  彼は、わたしにいろいろ日本語おしえてくれたのよ。。  そう、、、コンイチワ!(笑)」

本日は12人のディナーの予約が入っていてそのために、 食材の魚を調達しにいくところだという。

「手伝おうか?」

とスーザンのボートに乗せてもらいハリバット釣りにでかけたというわけだ。 実際には手伝いどころか、右往左往しただけだが、面白い経験だった。

「潮を逃がしてしまったから、釣れるかどうかわからないけど。。。」

横で同時通訳してくれるchiggy。臨場感たっぷりだ。

「こうやって、底についたら少しあげて、、、、アッ!」

僕にやり方を教えようと、糸を動かした瞬間いきなりあたりがきたのだ。 かかったのは、1m位のハリバット(おひょう)で、これでも 小さいサイズだという。

ハリバットの身は甘くてプリプリしていて、平目そのものだった。 美味しい。ヤミヤミ。

Ryuとビールで幸せに浸っているあいだに、スーザンに案内して もらっていたChiggyが目を輝かせて帰ってきた。

「スーザンの農園みた?すごいよー」

有機栽培や、ヨガなどに興味をもつChiggyはスーザンと話があうようで、 楽しそうに談笑している。 Rose Harbourのスーザンが栽培した有機野菜をつかった美味しいランチ &ディナーはクィーンシャーロット諸島南部の旅の、最高のイベントだろう。

キャビンで話しているときにも、イングランドのコーンウォールから来たヨットの 夫婦が無線で今晩のディナーを予約してきた。

「あなたたちも食べる?2,3人増えたってあまり違わないし。。。」

ChiggyとRyuと相談して、アンソニー島のトーテムポールを見た後で、 ディナーをとることにした。うしろがみをひかれる思いだけど、 今はまだ、ご褒美には早すぎる。 この旅のフィナーレはスーザンのディナーに決定だ。

1時をまわって、ゾデアック・ボートの音が聞こえた。 ロストしていたバックの配達だ!

「はい、荷物だよ!」

モレズビーエクスプロラーズのガイドが笑って荷物を渡してくれた。 村田番長のマリンVHFと、本郷の写真が手元に帰ってきた。 そして、トレードマークの帽子も!

エア・カナダが紛失したこの荷物のおかげで、本日はスーザンの 所に立ち寄ることになったのだ。このアクシデントがなければ、 Rose Harbourは、ちらりと眺めただけで、最終目的のアンソニー島へ 漕ぎ進んだことだろう。 潮が押してくれる絶好の時間帯だったからだ。

しかし、この荷物のおかげで、印象深い時間を すごすことができて本当によかった。 やっぱり、トラブルを楽しむ余裕がなくっちゃね。

今回の旅は、すこし余裕をもって計画を組んだ。 天候が荒れたり、メンバーの体調が崩れたときのことを、考えての 保険みたいなものだけど、この余裕が旅の幅を持たせ、 出会いや体験を実り多いものにしてくれる。 スーザンと再会を約束して、カヤックを漕ぎ出した。 朽ちていくポールのある世界遺産、アンソニー島までは、あと 10kmもない。目と鼻の先なので、少しでも近づきたいのが 人情だが、あまりにも長居をしすぎてしまい、今は完全な逆潮だった。 本日はRyuにキャンプ地点をセレクトしてもらったが、 予定場所に、到達前にあえなくギブアップして、 クインギット島にテントを設営した。すまん、Ryu。 4ノット(時速7.2km)の潮に逆らうのは勘弁してくれ。

スーザンから野菜をたくさんいただいたし、ハリバットの身もまだまだ ある。本日は、盛大な野菜炒め。スープと野菜づくし。

「野菜はね、たいちょお、悪くなってから食べると悪い気が  からだにたまるの。だから新鮮なうちにたべないと」

今回の旅はワルガキ二人に、しっかりお母さんの役どころの Chiggyが、だめよーもうと、言われると、 ハハーと素直に聞いてしまうのであった。 そんなわけで、毎日ニンジン生活をこころがけるオイラのニンジンが、 3日目にして消費されてしまっていたのだが、 スーザンから山盛りのニンジンがプレゼントされたのだ。わーいわーい。 βカロチンだー。

メインは、ハリバットのムニエル。 一部は、ヤマザクラのチップでハリバットのスモークを作った。 この旅にきて、刺身以外で、オイラが作った初めての料理だ。

届けてもらったて荷物に入っていたシングルモルトウィスキーが スモークハリバットに見事に合って、うめいうめい。

Chiggyおすすめのオレンジペコ&ラムも最高に旨い! 本日も幸せの1日が終わっていった。 明日はいよいよ、目的地のアンソニー島へ向かう。 ようやくきたんだ。少しどきどきしながら眠りに着いた。 明日の朝は良い潮をつかまえるぞ。