コチドリの観察報告 No.3
三重県 桑名市
 10日目の抱卵 大山田 藤が丘
Rev.
11
Original : Wed.Jun.11'03
Updated : Sun.Jun.17'12
目次に戻る 前の頁へ 次の頁へ



2003-06-11 Wed.

今日午後出向いてみたところ、嬉しい発見があった。新しく卵が1個増えて
いたのだ。前ページで、この様な物が小さな体から出るとは・・と感嘆してい
た時、すでに彼女のおなかの中には産卵直前の卵があったのだろう。

今日の嬉しい発見は巣の中の
卵の数が増えたことなのだ!!
Camera OLYMPUS C-2500L Jun.11'03 13:31
見つけた日付と個数をメモしておこう、2003-06-09 朝二個、06-11 午後三個。
ひょっとするとまだ増えるのかも知れない・・・ちょっとそんな気持ちになってきた。

この種の地表に産卵する鳥類の羽化後の巣離れはとても早いだろうからヒナを観察
できるチャンスはとても少ないと思われるのだ。
まったく素人の考えだが、多分産卵の順に時間差をもって生まれてくれるだろう。
卵の数が多くて時間差があることはヒナの観察のチャンスが高いと言えないだろ
うか。
巣の小石類も最初の頃に比べまんべんなく敷き詰められている。♂の努力の結果
なのだろう。


以前の様に時には 40分以上の長時間巣を留守にする様な事は無くなった
様だ。また片方が抱卵中数メーターの範囲にパートナーがいる事も多い。
上画像は抱卵中の♀(右)に♂が交代にやって来たが、無視され引き下がる
ところだ。
天気予報では明日あたりから雨が続くそうだ。降雨や日照を遮る物が何一つ
ない砂礫の中で三週間以上の抱卵が続くのだろう。

2003-06-22 Sun.  抱卵の交代について

初夏とは言え夜間は冷え込むから当然抱卵が必要だ。夜間でも遠くの道路照
明などでわずかな明るさがあるので、インターバル撮影で様子を確かめて見た
が、♂・♀どちらかがひと晩を交代なしで抱卵を続けている様だ。
翌朝パートナーが交代に現れる時間は、(まだ観察日数が少ないのだが・・)
05:30〜06:15 頃にその日の最初の交代が行われる。
その後は 20〜40分毎に交代している。

抱卵の交代は(現時点の観察では)独特のパターンで行われている。
これは♂・♀相互に立場が変わっても動作は同じだ。

1、 交代の鳥が巣から3〜15mの位置に着地。多くの場合、その後すぐ交代の
   サインの鳴き声を上げジグザグに停止・前進を繰り返しながら巣へ近づく。
   場合によっては着地後鳴き声を上げずに、付近で採餌や羽の手入れなどを
   行い、数分後に交代サインの鳴き声を出す場合もある。
2、 巣の中の鳥はサインの鳴き声に小さな声で鳴き返す。そして巣の中に座った
   まま周囲の小石を咥えてポイ捨てを始める。
3、 交代の鳥が巣に1〜2m まで接近する。
4、 巣の中の鳥は立ち上がり巣から出て周囲の小石を咥えてポイ捨てしなが
   ら巣から遠ざかり飛び去る。
5、 交代の鳥は巣に入り抱卵を始める。
   身を隠す物が皆無の場所での行動なので、2羽が一ヶ所に集まる様な危険
   を避ける本能的な知恵なのだろうか。
   雨天の場合は卵を不要に冷やさぬためか、相互がより接近して交代を行って
   いる。
   ----------------
6、 まれに巣の中の鳥が、相手が巣まで接近しても巣から出ないため、交代
   が行われない事がある。 何かの理由で交代を希望しなかったらしい。
   代われなかった個体は近くでブラブラしている事が多い。その後巣の中から
   の鳴き声をきっかけに交代が行われる場合もある。
7、 今回の個体例のみかも知れないが♂の抱卵は、あまり真面目ではないと
   言える。パートナーが未だ来ないのにどこかへ飛び去ったり、小石を咥えて
   ポイする作業に夢中になり、巣を抜け出て周囲を歩き回ったりする行動が見
   かけられるのだ。前述したが、♀はこのような(不真面目な)行動の観察例は
   皆無である。


抱卵のため座り込む直前の♂
足元に三個の卵が見える。

♀が立ち去った後の巣へ入り、抱卵のため座り込む直前の♂。足元に三個の
卵が見える。

2003-06-13 Fri.
残念ながら今朝の観察では卵が1個消え2個になっていた。巣の周囲に卵の
殻などは見つからな。1個が消えた原因は不明だ。


2006-10-22 Sun.
 3年後の秋のある日、以前コチドリが営巣した場所から約 10m の位置で
イタチを見かけた。ひょっとすると卵泥棒はこのイタチだったのだろうか?。
ひょっとすると卵泥棒はこのイタチだったのだろうか?。
Sun.Oct.22'06 11:18:48  CanonEOS20D /EF300mmF4.0L +1.4x ISO200
 このイタチ君については別ページを参照いただきたい。 ⇒⇒

コチドリの
目次に戻る
コチドリ前の
頁に戻る
コチドリ次の
頁に進む
     
野鳥グラフィティ       


デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
 
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY でトイレを節水モード化
 
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。 雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用

天水桶(雨水タンク)を作ろう 


File name : Jap_Plover_112.html