コチドリの観察報告 No.16
擬傷行為・他
Rev.
10
Original : Sun.Jul.06'03
Updated : Sun.Jun.19'05
目次に戻る 前の頁へ 次の頁へ



2003-07-12 Sun.

 鳥の図鑑などには、子連れの親鳥がヒナを天敵などから目をそらすため傷
ついたふりをする擬傷行為が野鳥の一部に見られると記されている。
 そしてコチドリはこの擬傷行為が良く見られるとのことだ。私の今回の観察
例では、約1ヶ月の観察で巣の中の卵やヒナに数十回接近したが、この行為
が見られたのは、たった1回だけだった。
 参考資料:キジで観察された擬傷行為
地面に身を伏せ羽をばたばたさせ、
チイチイと鳴く擬傷行為が見られた。
Wed. Jun.11'03 13:00:03 Olympus C-2500L

 巣に親鳥が見られなかったので、巣へ接近したところ巣から5mほどの
位置で、地面に身を伏せ羽をばたばたさせ、チイチイと鳴く擬傷行為が見
られた。この日は卵が三個に増えていた日だった。
 2005-06-18 に観察した行為は目的は同じだろうが、少し異なっていた。
 参考画像  ⇒⇒ 

_
2003-07-06 Sun.
親鳥の”動かないで”の指示を受け
10分以上体を固定しつづけるヒナ
Sun. Jul. 6'03 14:04:07  Canon EOS D30 / EF 300mm  ISO 400 +1

 巣が破壊され、人が多く出入りする様になったため、コチドリ親子は拠点を元の
営巣地に続く農道へ移動していた。
 上の画像だが私の接近を知り、親鳥がヒナに Freeze 指示を与え飛び去った
時の物だ。左右のヒナの画像は同じように見えるが、実は同一個体の 12分の
時間差がある画像なのだ。 この間ヒナの体は、文字どうり 1mm も動いていな
い事がわかる。この後、私が身を引いたため、近くにいた親鳥が近づき2羽で再
び採餌を始めた。
 敵がヒナに接近した状態で、ヒナは親鳥の指示で体を固定した状態でいる時
親鳥はどんな行動をするのだろうか?。 一般的には擬傷行為をするのだろうが
観察例では、擬傷行為は全く見られなかった。(念のため記しておくが、今回観
察の個体例の報告であって、すべてのコチドリがこの様な行動を取るとは断言
できない。)
 今回の場合、親鳥♂&♀の2羽は私に1m の近くまで歩いて接近する行動を
繰り返し取っていた。羽根をばたつかせるとか、鳴き声を上げる行為は2羽共ま
ったく観察されなかった。
 自身が接近することで、相手の注意をヒナから自身に切り替えさせるこの行為
も広い意味で擬傷行為に含まれるのではないかと考えている。

私に接近する親鳥。首を上に伸ばし
上体も立っている。
Sun. Jul. 6'03 14:08:27  Canon EOS 10D / EF 100-400mm  ISO 400 -2/3
 ヒナに近い位置で動かぬ私に接近する親鳥。首を上に伸ばし上体も立って
いる。明らかに普段の姿勢ではない。緊張しているのだろう。


コチドリの
目次に戻る
コチドリ前の
頁に戻る
コチドリ雑学
の頁に進む
     
野鳥グラフィティ       


デジカメによる 野性動物の記録

デジカメ de 野鳥観察 へ進む
 
観察記録のアーカイブ 野生動物観察記録

観察記録のアーカイブ
撮影機材に関する
報告セクション デジカメ手作り工房

カメラや手作り撮影機材などの情報
ロボットカメラを
作ろう その-2
How much money do you save? DIY でエコトイレ⇒上下水道料金を節約

DIY でトイレを節水モード化
 
軽自動車で300肇織鵐を運ぶことができた。 雨水の有効利用
雨水を庭の草木の散水やトイレに利用

天水桶(雨水タンク)を作ろう 


File name : Jap_Plover_125.html